海の日・博多山笠

おはようございます。
令和元年7月15日月曜日の朝を迎えました。
今日は海の日。そして博多山笠追い山の日です。
いよいよ夏本番に突入した!という感覚になります。が、気象状況はと言うと、寒く感じる天候になっています。
このギャップ感(^^♪ 楽しむしかありませんね(^^♪

このブログ投稿が終わった後、脳若365、ファミリーライン、車の掃除、ストレッチ、送迎.. と、続きます。

その中の1つ ファミリーラインですが、昨日、初めて息子からお褒めの言葉を頂きました。

私達夫婦と離れて暮らす子ども達とのコミュニケーションを1日1回ははかろうと思い始めたファミリーラインを活用した朝メッセージ。
最初は、うんちくを語りました。それが長く続いた後、今度は音楽にしたんです。YouTubeを挙げたり..
すると妻から
『お父さん、あれは止めて』
とクレームが入りました。そこでアンケートを取りましたら、アンケートに応えてくれた長女も 妻と同じ反応でした。
そこで
『どうしようかな?』と妻相談を行いましたら、
『四文字熟語なんかどう?』
と提案をしてくれましたので早速はじめてみました。

それから半月後の昨日、息子から初メッセージがきます。
『四文字熟語は勉強になるからいいね(^^♪』と。
これに
『ありがとう』と反応する私。
『やった(^^)/』と反応する妻。

少しばかりコミュニケーションがとれてきました。
それぞれ性格がありますから.. というよりも、
『めんどくさい。お父さん、勘弁して..』
こんな感想を子供達.. 特に女性陣はもっていたかと思います。
が、昨日の反応。
なにか嬉しかったです(^^♪

私が強引にし続けているファミリーライン。
めんどくさい.. から、提案があり、いいね、があり.. 少しづつ進歩していると思いませんか?

この中で、今まで何の反応もしてこないのが次女。
どう思っているのか全くわかりません。

こうやってみると、社会と同じでしょう?

私はそう思うんです。
家族は社会の最小単位。ここが一番厳しくもあり優しくもある。

5人の家族。うち2人は嫁いでいて家庭があります。うち1人は幼い子供がいる。
私の他4人のうち、男は息子。3人は女性。

いろいろ試しながら、皆が氣がついたら毎朝楽しみにしている。
そんな状況になればいいな?と思っています。それがいつの日になるのかはわかりませんが、試行錯誤を楽しみながらその状況に向かいたいと思うんです。

これは、自信をつける事にも繋がりますし、笑老ライフ人になる為の訓練でもあるんだと思っています。

今日もこの後、行いたいと思います。

ではよい休日をお過ごしください(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:04 AM  Comments (0)

原口選手、村田選手、おめでとうございます(^^)/

おはようございます。
令和元年7月13日土曜日の朝を迎えました。
職場での自室の窓を開けています。
外から風が入ってきて氣持ちがいい。。

昨夜は、久しぶりの『梅の会』でした(^^)/
関屋さんの10周年のお祝いや、長山さんのお疲れ様などをまとめて、皆で楽しく食べて飲みました(^^♪
とっても心地よい時間を過ごす事ができてよかった。
皆さん、ありがとうございました。

ちょうどその頃、オールスターゲームと村田選手のリベンジマッチがあっていました。

オールスターでは、大腸がんを患いながら、それを克服しカムバックしてきたタイガースの原口選手が、代打ホームランをかっ飛ばします。
そして村田選手は、2回TKO勝。
朝、改めてその映像を観ましたら、鳥肌になってくるくらいの勝ち方でした。

原口さん、村田さん、おめでとうございます(^^)/

まさに笑老ライフ人です。

『大腸がんにより野球を断念か?』
『王者陥落.. 引退か?』

はたから見ますと、2人とも崖っぷちに立っていたんではないか?と思います。
このまま好きな野球・ボクシングを諦めるか? いや、こんなところで諦めるわけには行かない!と、切り替えて奮起するか?
どちらにいってもおかしくない状況下にいたと思います。

それをお二人とも
奮起の道を選び、みごと復活を果たしました(^^)/

素晴らしい事だと思います。

お二人とも 今の道を進む天命下にあるんだと思います。

この運命の分かれ道ともいえる分岐点に立った時、何が 行くべき道を歩むようにしているのでしょうか?

私は、その方が、自分の声に素直に従っている結果だと想えるのです。

それだけ自分と向き合っている結果ではないかと思います。

だから迷いなく前に進めるし、周囲も支えようと応援したくなる。

その積み重ねだと思えてなりません。

笑老ライフ人は、自分と向き合っている人。そしてその声をしっかり聴いて、その声に素直に生きる人。
そう思います。

それが周囲の方からみると 前向きに生きている。そう見えるんだと思います。

今日から夏の3連休ですね。
この休みの間、自分と向き合ってみるのもいいですよ。
自分の心の声を聴く。
そんな時間をぜひ持ってください。

では(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:06 AM  Comments (0)

七転び八起き

おはようございます。
令和元年7月12日金曜日の朝を迎えました。

今朝は、無 です。何も書く事が浮かんできません。

あっ・・ そう言えば、先ほど ファミリーラインに今日の言葉を贈りました。
この事について投稿します。
これは笑老ライフに通じる話になろうかと思います。

今朝は
『七転び八起き』
という言葉を贈りました。

失敗した。
これで終わりではない。
失敗した事で落ち込み、もうダメだ!
と、うなだれる人がいるかと思います。そうなる時もありますよね。
でもそうではないんです。

一所懸命にやっていて失敗した。
一所懸命にやっている時の姿を誰かが観ています。観てくれています。

もうダメだ。。 そう思っている時、その人がふっ・・と近づいてきて 背中をさすります。
そして

『ダルマさんの様に、転んでも転んでも起き上がればいい。でもね、起き上がれるようにしとかんとそれはできんばい』
「え.. それはどういう事ですか?」
『ダルマさんには角がないやろ? だから起き上がる事ができる。 角があるとそれが引っかかって起き上がれんとばい。日頃から角をなくす努力をせんといかん。今回の失敗は、神様から角を無くすプレゼントをもらったという事なんよ。 それは、成功する為に必要なことだから..』

そう言ってくれます。

「そうか、素直になる事が大事なんだ。この失敗から何を学ぶか? それが大事なんだ(^^)/ ありがとうございます」

そしてまた
前を向いて歩む事ができる様になります。

七転び八起き
私が身体障碍者になり、就職活動をしている学生時代。
母からも障害者としてしか見られていないんだ.. 
と絶望の淵を歩いている時に当時付き合っていた今の妻からかけて貰った言葉です。
一生忘れません。

あの言葉を聴いて吹っ切れました。

それからは、前だけを向いて生きていく! そう決めたんです。
いつも笑って前向きに(^^)/
(まだ出来ていませんが・・)

今日も
明日も

これで生きます(^^)/ 笑老ライフに(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:04 AM  Comments (0)

田中正義投手

おはようございます。
令和元年7月11日木曜日の朝を迎えました。

昨日のホークスは、田浦君が8回・9回を任され、見事なピッチングを魅せたそうです。
ニュースでは、『ホークスの隠し玉』と紹介をされていました。
思ったより早く1軍で投げてくれて嬉しいですね。

私は、和田投手が降りて、田中正義君がマウンドに上がった時を観ていました。

本人は、腕の振りを全力で!とコメントしていましたが、投球練習をしている姿をみて、フォークを投げる時、スライダーを投げる時、ストレートを投げる時と、投げるボールによって腕の振りが違います。
『これはいかん。何を投げるかわかってしまう』
そう想い応援をしましたが、勝ち越し打を打たれてしまいました。
緊張をしていたのかもしれません。

私の予想では、
『急慮の登板で、氣持ちの準備が出来ていなかったかもしれない。でも投げる時は.. という準備を予めしておかねばならぬ。』
そう思いました。

私も投手を少しした事があります。
言えるのは、投げる時に打者を打ち取れるイメージを持てるかどうか?それが大事だという事です。

そのイメージが持てる時は調子がいいんです。
では持てない時にどうするか?

『打たれるんではないか? 打たれたらまた二軍になる。もしかしたらクビになるかもしれない』というイメージに繋がっていきます。
ではどうしたらいいか?

今の自分で打たれたらしかたない。これだけ練習をしてきたのだから。
今、俺のできる事を一所懸命にやろう。それでだめだったら仕方ない。
この1球、1球を全力で腕を振って投げよう。
力の限りの想いを込めて。

私はこれでいいんだと思います。そういう氣持ちで打者に挑むと、迷いのない波動は打者に相手に伝わります。
覚悟の出来た人間の投球にはエネルギーを感じます。
だからその氣で打ち取れるんです。

昨日の田中正義君は、結果を意識しすぎたか、準備不足であったかだと思います。

田中君、今は、どうか、結果を恐れず、今まで積み上げてきた事に誇りを持ち、今の自分にできる最大限のパフォーマンスを魅せて下さい。

どう考えて野球をするかで、今後の人生が変わると思いますよ。

ガンバレ! 正義!

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:06 AM  Comments (0)

積み上げる

おはようございます。
令和元年7月10日水曜日の朝を迎えました。

それにしてもホークス強い! 3安打でしたが勝ちました。 打が不調ならば投が踏ん張る。
このバランスがとっても良い様に感じます。
互いが支え合いながら噛み合っている様に感じます。
こういうチームは、一夜にして出来ません。
昨日のヒーローインタビューで福田選手が言っていましたが、小さい事をコツコツと積み上げていくだけです!
まさに、今までの積み重ね。これからの継続した積み重ね。それしかありません。
こういう事を大切にしているチームだからこそ強い。
それを共有しているところが強い。
そう思います。
こういうチームを創った文化の潮流である王会長に(`・ω・´)ゞ。

そしてもう1つ嬉しいニュースが。。
大野城市平野中出身の田浦君が一軍に上がりました。
嬉しい事です。
がんばって!

今日は、このホークスの話から、『積み上げる』について書きたいと思います。

西川きよしさんの『小さい事からコツコツと』というセリフ、有名ですよね。この言葉を最初に聴いた時は、ギャクの様な感覚で聴いていました。そして社会人になり、徐々にこの小さい事の大切さを意識する様になります。

そんな中、沖縄の興南高校が春夏連続優勝の偉業を成し遂げます。
当時の監督は、我喜屋監督。
そのインタビューや記事等々でお話を伺いました。
主に言われていたのは、『小さい事を大切にコツコツ積み上げてきた結果だと思っています。その積み上げの結果が大きな事を成し遂げる事に繋がったと思っています。』
このお話は沁みました。

目的や目標があるから自分で決めた事を日々行う事が出来ます。
たとえ小さな約束でも、これを毎日毎日一所懸命行っていく事で、自分を信じれる様になっていきます。そしてエネルギーが出てくる。力が着く事に繋がっていきます。

『自信がない』
とよく言う人に言います。
『何か1つ、毎日続けて下さい』と。

きっと成果がでる日が来ます。

それともう1つ。
私が30代前半の時、真砂社長から『貯金を無駄遣いするな』と教えて頂いた事があります。
どういう事かというと、
『人に何かを頼んで貸しを容易につくるな!』という事です。
コツコツと積み上げてきても、これをやると、直ぐに0へ戻るんだぞ! もっと言えばマイナスになるんだ! という事でした。
その時はよくわかりませんでした。
しかし時を超えて徐々に徐々に実感してきたんです。
これは、コツコツ積み上げる事と真反対。それに逆行する事。
よくわかっていない。

こんな良い事を教えて頂きながらその時に理解できなかった。
真砂社長は、『後で氣づいてくれれば・・』そんな思いももっていたのかもしれません。

人が成長過程に入る迄には時間を要しますが、ひとたびその過程に入れば、驚くようなスピードで成長するのかもしれません。

そんな姿を今期のホークスにみてとれます。
今までの積み上げが、主力選手の多数故障という非常事態のことしに開花し、底力がついていた事にみんなが氣づきはじめて更に強くなる現象に進んでいっているんだと思います。

私も、こういうチームをつくりたい。
率直に思います。

笑老ライフ。
一夜にしてこうなりません。
やはり、こうなりたい!と念じ、日々努力する事。
それが大事です。
いざ・・ という時に、力がついた事を感じます。
そして自分が笑老ライフの中にいる事にも。。

今日も1日、素晴らしいと思いながら感謝の氣持ちを込めて積み上げましょうね(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:11 AM  Comments (0)

ココイチのチャレンジ。

おはようございます。
令和元年7月9日火曜日の朝を迎えました。

昨日、久しぶりにゆっくりさせて頂きました。
朝のお勤めが終わり終わった後、庭一杯に生えていた草取りを行います。
約2時間の格闘の末、全部の草をとり、庭がスッキリ。。
シャワーを浴びて、お風呂に出かけます。
久しぶりに那珂川の風を浴びる為に那珂川へ。
車を停めると真砂社長とばったり出会います。
挨拶をし、パラチィーノへ。
パスタランチを食べて ナガタパンに行き そしてふくの湯へ。

電話やラインの対応をした後、ゆっくりお風呂に入りました。
ジェットバスで各所の筋肉をマッサージします。

超・きもちよかった(^^♪

そして夜は、ひさびさに従兄から電話がありました。良かった良かった(^^♪

皆さんのお陰で、よか1日を過ごすことができて幸せでした。

そして今朝、家を出る前にテレビを見ると、カレーのココイチがインドに出店するというニュースを聴きます。
『おお、凄いチャレンジ!』
とっても興味のあるニュースです。
本場インドに日本式スタイルがどこまで通用するか?
楽しみです。
こういうチャレンジ、私は好きです。

今後の展開に注目しながら 追っかけてみたいと思います。

チャレンジ。

この行為、私は好きです。
怖い・・ と思った時はしませんが、ワクワクする時、ワクワク感が強い時はチャレンジします。
ただその時が目の前にきた時は、一瞬躊躇しますが・・・

学生の時に1人でアメリカに行った時の事です。
福岡空港から金浦空港行きの便に乗る際、緊張しました。
初めての海外。
とても緊張しました。
ソウルからロサンゼルスに向かう便で夕食が出たのですが、CAさんがしゃべる英語が聞き取れなくて、横にいたシンガポールからの人と同じモノを頼みました。すると苦手なチキンの入った料理。。
手を付けずに・・ の緊張感タップリのフライトでした。
そんな緊張感あふれる日々を過ごしたこの旅。
それをほぐしてくれたのは、人の笑顔と親切さです。
本当にありがたかった。。
チャレンジして良かったと想えた瞬間です。

もう1つ。
初めて城島高原でジュピターという木製のジェットコースターに乗った時の事。
これは乗りたくなかったのですが、坂本君がどうしても一緒に乗ろうというので、腹を決めてチャレンジをしました。
怖い・・ その恐怖感満載になっていましたが、途中から引くから怖いんだと思い直し、前のめりで突っ込む姿勢に変えたとたん、怖くなくなりその後が楽しかった。
何か掴むものがありました。
これもチャレンジして良かったと思います。

チャレンジすると、いろんな事がありますが、結果、やってよかったと思うんです。
だから、その状況や、その時が来た時は、迷わずチャレンジする事を選んだ方が良いと思います。

ココイチのチャレンジ。

応援しています(^^)/ がんばれココイチ(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:11 AM  Comments (0)

七夕の夜に・・

おはようございます。
令和元年7月7日日曜日の朝を迎えました。

今から、栄光病院で行われます『すこやかライフフェアー』に参加をしてきます。
今年は、志免マルシェの方々とコラボ企画で開催されます。
そこで、『デイホーム タカラ』『グランチア』の宣伝を致します。
今日がグランチアを立ち上げたMiki・ファニット社長の太刀山さんと村井さんもお見えになるので、今後の展開の打ち合わせも同時に行う予定です。
また、介護アロマで知り合った吉田さんもブース参加をされたり、吉田さんの息子さんがゴスペルを披露してくれたりと、なんだかんだと繋がっている今年のフェアーです。
実は昨年も同様の企画を行ったのですが、台風の影響で中止になりました。
だから2年越しの企画となり、今日は盛大に! なりそうです。

この七夕の良き日に、事業所立上げの構想段階からかかわらせて頂いた「株式会社マクリー」さんの設立10周年祝賀会に、夫婦で参加をさせて頂く事になりました。
とても嬉しく思っていますし、ありがたく思っています。

マクリーさんが行う事業所に
太宰府天満宮参道横の『うめはうす』。
筑紫野市原にあります『はるはうす』。
があります。
私は、うめはうす を設立する際に関わらせて頂きました。
今日の式典で一言を言う大役を仰せつかっていますので、ここで予行練習を(^^♪

マクリー代表の関屋さんとは、ほんと、いろんな事がありました。
関屋さんは、私の事を『鬼』だと思っていたそうです。
私としては、光栄な事でした。

関屋さんの覚悟を知っていましたので、絶対に失敗させてはならない! もし事業が出来なくなった時にでも売ったり、事業継承をして下さる人が直ぐに見つかる。そういう事も意識しながら構想をしました。

そして 鬼! と言わしめたのは
『関屋さん、3年間は休みがありませんよ』
と何度も何度も伝えた事だろうと思います。
今思い返せば、相当に厳しい姿勢で望んでいました。

10年経った今、
母がお世話になっています。
10年前と同じスタッフがいます。
3人の娘さんがこの事業に関わっています。

素晴らしいの一言です。

こんなに素晴らしい運営をなさっている関屋さん達に、よくもまああんなことを言ったな・・ と思いますし、今日は叱られるのかな?とも思います(^_-)-☆

伝えたかった事が・・
望んでいた事が いま 現実のなかにあるという事に何とも言えない良かった感があります。

一所懸命にお手伝いをさせて頂いて良かった。
そう思います。

今後も、精魂込めて 何とかしたい!と思う事にエネルギーを注いで行きます。

どうぞよろしくお願いします。

Filed under: スタッフ日記 — admin 9:25 AM  Comments (0)

氣づいた。

みなさん、こんにちは。
令和元年7月6日土曜日です。
今日は少々遅くなりました。
今まで母の受診に行っていました。

今日は反省する事が多い。

受診をしている時に、ハッ.. と氣づきました。

『お袋の状況が悪くなったりするのは、俺のせいではないか?』

受診時に、先生が
『おかしいな..』と言うのです。
先生の感触からすると、母がホームで行っている様子がなかなか信じられないようで・・

私なりにズーーと考えていました。

もしかすると、お袋のリズムを崩しているのは俺なんではないか?
毎日外出し、いろんなところに行っていたお袋からすると、ホームにズーーといるのは自分のリズムではない。
自分に
仕方ない・仕方ない と言い聞かせているのではないか?
私が女をつくって逃げた。と皆さんに言っていたという事は、
そうだから私はここにいなければならない。
そういう理解をしていたのではないか?

そう感じると、どうもうこうもしようのない感情になりました。
平常心を欠くことに..

申し訳ない事をした。ごめん。ごめん。
うめはうすの皆さんにもごめんなさい。

時間を作って、母の外出をサポートします。

氣づいてよかった。。

Filed under: スタッフ日記 — admin 11:29 AM  Comments (0)

エネルギレベルを上げなくては..

おはようございます。
令和元年7月5日金曜日の朝を迎えました。
今日は、母の77回目の誕生日になります。喜寿です。

8月に入り、皆が集まりやすい10日にお祝いをする事になりました。

現在、要介護3になり、いろんな事を忘れてきています。
今回が最後。
いつもそう思ってきました。
想い出に残る集いにしたいと思います。

笑老ライフ研究所は、この7月で、2018年度の事業が終了します。

この1年を振り返り、何が出来たのか? について振り返ってみたいと思います。

今年度の目標は、
1.笑老ライフ研究所版の認知症の方に対するユニバーサルマナーを考える。
2.フリーペーパーつくり。
3.ホッ..とサロン運営。
を立てました。

いづれも、笑老ライフ とは.. 笑老ライフに生きる素晴らしさを伝える事。笑老ライフに生きる人の多い社会づくりを行う事を目的にしていますので、その実現にむけて必要な事項を目標に掲げています。

1については、私達だけの力では難しいのでいろんな方々と協働する必要性を感じています。
その中でA社と協働しようという事になり勉強会を立ち上げました。
しかしここからがなかなか進まない。
パワー不足です。
パワーの補給が必要です。
そんな状況下、A社よりありがたいご提案を頂いている状況で、パワーを補給する足がかりが出来そうな状況になってきています。
もっともっともっと真剣に取り組まないと.. と、自分に喝を入れました。

そして2。

ここが出来ていません。
私達が『笑老ライフ人』だと想う人を取材し、その方々の情報を認知症サポーター養成講座を受講した学校の子供達に配布したいと考えています。
この『笑老ライフ人』は、たとえ自分が認知症になったとしても 前を向いて生きる。そういう生き様を目指す人です。その生き様を子供達に伝えたいと思っています。
生きていく事、老いる事。
これにはいろんな苦痛があります。
しかしそれに負けず、大志を抱き、前を向いて笑顔で生きる。そういう考え方や生き方をぜひ子供達と享受したいと思っていて、これは1つの教育だと思っています。

が、未だ出来ていません。何とかしたいのですが..
パワー不足です。

そして3。

ここも、もっともっと繋がりのある場にしたいと思っています。
『会員さんどうし』 『内容のつながり(次に活きる内容)』  『人の繋がり』

ここについても みんなともっともっと共有をしないと実現できませんので、もっともっと突っ込んでいかねばと思っています。

いづれもパワー不足。
自分のエネルギーレベルをもっともっと上げていかねば出来ない。

精進します。

こんな出来ていない事ばかりをあげてお恥ずかしいですが、来期は、1つに絞って行おうと提案したいと思います。
経営資源を集中させます。

皆さん、どうぞよろしくお願いします。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:16 AM  Comments (0)

大笑いは大祓い。

おはようございます。
令和元年7月4日木曜日の朝を迎えました。
今回の豪雨で被害を受けている地域の皆様方に、心よりお見舞いを申し上げます。
あんなに断続的に雨が降るとは.. もし自分が住んでいる地域であんなにも断続的に雨が降ると、怖くて怖くてどうしようもないと思いました。どうぞ、命を優先して下さい。

今日は、もしこのような自然災害で被害を受けた時に、果たして笑老ライフに生きれるか?について考えてみたいと思います。

こういう雨の被害で自分が大切にしているモノや人を失ったとします。
その時、自分はどうなるだろうか? そんな事を最近はいつもイメージします。

私の場合、どこかで受け入れるんでしょうが、それがイメージできません。

交通事故で各所を骨折し、結果的に右足が8cm短くなり、身体障碍の手帳が出来た。
この現実を受け入れる時にも時間がかかりました。

こうなったことを.. ではなく、なぜこうなったのか? こうなったことで、私の進路を決める人がでてきた事で、なんでそんなに俺の進路を決めるのか? 鷹尾剛ではなく、障害者としてしかみていないのではないか? そんな現実に立たされ、悔しくて悔しくて受け入れる事ができませんでした。

そんな時、当時付き合っていた現在の妻が
『7回転んでも8回起き上がればいいんよ。私が応援しているから..』
そう言ってくれた事がスーーーと自分の中に入り、わだかまりを押し流し、受け入れる事ができたんです。

『そうだ.. また立ち上がればいいんだ。俺には応援してくれる人がいる』
そう思うと前だけを向いて歩ける氣になったんです。

自分の力では笑老ライフに生きる事はできませんでした。応援してくれる人がいる。正面から向き合い、笑顔で語りかけ、手を取り、一緒に立ち上がり、背中をさすりながら押す。そういう人がいてくれたからこそ笑老ライフを再び送り始める事ができだした。

人が人である所以です。

もし私が上記のような災害を受けた時、きっと自分1人では立ち上がる事は出来ないと思います。
その時も、きっと誰かの心強くなる言葉が、いろんな感情を押し流し、前を向くか..と想わせてくださるんではないか?と思います。

今、私に出来る事は、誰が視てくれているかわかりませんが、このブログを通じて、そういう方々を支援することかと思います。

『陽はまた昇る』

どんな人のこころにも、陽はまた昇る。

今日も 明日も きついからこそ 笑おう。

むりやりでも笑おう。

大笑いは、大祓い。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:04 AM  Comments (0)