Hさん

おはようございます。
2月19日火曜日の朝を迎えました。
今日は、プロレスの日だそうです。
力道山・木村 VS シャープ兄弟 という日本で最初の公式戦が行われたそうです。
皆さんは、プロレス、好きですか?
私は、よく見ていました。
猪木の試合やファンク兄弟の試合。
馬場の試合や鶴田の試合。
よく妹に足四の地固めをしていました。懐かしい~~

そんな過去に想いを馳せた車中から事務所に入り、今日のブログで皆さんにお伝えしたい事を整理していました。

今日は、昨日の出来事の中から1つピックアップしたいと思います。

昨日、朝から利用者さんのHさんを、佐賀県は基山にあるPICFA(ピクファ)にお連れしました。ここは、アート × 福祉 を行う障がい者自立支援事業所です。
ここの責任者は原田さん。志免町在住の方で、志免マルシェでご一緒させて頂いています。
今年の5月19日に行われる『タテコウタグライブ』の第1部で志免マルシェを開催し、第2部でタテコウヤグライブがあります。
実は、今年の4月、志免町は町制が誕生し80年になります。また、来年は、宇美町が100年になるという盛り上げポイントなんです。
ここを機に、住民の皆さんと一緒に、街を盛り上げていこうや!という企画を創り上げているのです。
その企画に乗っけて頂いている私達。
何とか記念に残る事や盛り上げポイントを活かし、人を活かしたいと思っている中、今回も通所利用者Hさんに、お祝い貼り絵のオファーがありました。
悩むHさん。どう作ればいいのか???

そこでPICFAの原田さんを訪ねたという訳です。
当日のブースもお隣同士になりますからこれも何かのご縁。

少々早めについたので、今回の訪問の意図を整理する目的もあり、コメダコーヒーに入りお話を..

『僕は、自分を信じれないんです』
自己承認というより自己否定の方が近い位置にいたHさん。

PICFAは、基山に昔からある鹿毛病院の1階にあります。もともと手術室だったり、レントゲン室だったり、診察室だったりしたところを事業所に変えており、さながらアート工房に変身しています。

その館内を食い入るように観るHさん。写真を撮ったり質問をしたり.. まるで子供が大好きな空間にきてはしゃいでいる様に見えました(^^♪

目からウロコ! 頭がカッカしてます(^^)/ 

興奮しているかのようです(^^♪

その見学も終わり、福岡に帰る車中で皆さんにお伝えしたい事がありました。
あの自信がない。と言っていたHさんが、
『固定概念を捨てんとダメですね』
と急に語り掛けてきたのです。
私はビックリしました。
何にビックリしたかというと
1. Hさんが超本氣で真剣に変わりたいと思っていた事。
2. 俺もあの人達みたいに輝きたい。その為に、どうしたら良いのか?そうだ、俺は自分で自分に枠はめをしている。この固定概念を取っ払わないと今のままになる。と、変わりポイントを的確に捉えていた事。

やはり
人は出会いで変わるんですね・・ 瞬間で意識が変わりました。
そして次の瞬間、変わりポイントを的確にとらえる。

40代前半で身体が不自由になる病を起こし、以後の人生、その病と付き合いながら生きる事になったHさん。まだまだ若い。いっぱいいろんな事ができる。
たくさんの可能性とたくさんの感動が待っている中、自分を信じれるようになれれば・・と思っています。

5月のイベントに向け、どの様に変化していくか、ものすごく楽しみになりました(^^♪
今まさに
笑老ライフ人が誕生しようとしています(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:14 AM  Comments (0)

新しい週が始まりました(^^♪

おはようございます。
2月18日月曜日の朝を迎えました。
昨日はとっても良いお天氣で、その陽氣に誘われ、お出かけをした方も多かったのではないでしょうか?

私は、午後から人生初、「日本フィルハーモニー」が醸し出す音楽の世界を体感する為、シンフォニーホールに妻と共に出かけました。この機会は、職場の選択式社員旅行によるものです。
感想としては、身体が活き活きとしました。というモノです(^^♪ かなりエネルギーチャージが出来ました。職場に感謝です。
私も少しだけピアノを習っていましたので、前半のピアノと楽団のコラボになかりのエネルギーを頂きました。

その帰り、母の住む太宰府天満宮横のうめはうすに行きました。
睡眠の質を高める為に行っている工夫が少しは効果を発揮しているかどうか?それを確認する為でした。
施設長の関屋さんは、
『あまり変わりが・・』と仰っていましたが、母の顔を見ると元氣そのもので、睡眠がよくとれているのではないか?と思わせるような表情をしていました。
帰りの車中
『どうしたら睡眠の質が上がるやろうか?』
『お母さんは怖がりで寂しがり屋だから、安心が一番の安眠になるとは思うんよね。今できる事としては、極力うめはうすに通う事だと思う』
という会話になりました。
私もそうだろうな・・ と思います。

客観的に観て、今の母は安心・安全な環境の中で暮らせていると思っています。しかし主人公からすると、そこに1枚足りないモノがある。
スープが少し冷める距離ですが、比較的近い距離にはいるんですが頻繁には行けていない場所。
今、仕事を含めいくつかの活動をしています。本当は、この場所に少しでも多く行く事が親孝行になるのかもしれません。
しかし、若い時の母だったら
『こっちの事が氣にせんでいいから、自分の事をやりなさい』
そう言っただろうと思います。
まずは自分の事を優先させてもらい、自分がエネルギー高く活き活きと暮らす。その基盤の上に・・ でないと、きっと悲しませる事になるんだと思っています。
一時は悩みましたが、今はスッキリしています。

笑老ライフ人なら私と同じ状況の時に、どう考えて生きるんだろう?
そう何度となく考えました。

そこで出した答えが今にあります。

笑老ライフ人と思える方に共通する要素は、「自分軸があり、自分を信じている」という事です。だからきっと、私のやり方が良いか悪いかではなく、私が信じた自分の答えをもとに行っている事に対して、頷いてくれるんだと思います。

さあ、今週も笑顔で生き抜きましょうね(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:13 AM  Comments (0)

2月16日

おはようございます。
2月16日土曜日の朝を迎えました。
今日は、長女・長男の誕生日です。28歳と24歳になります。
我が家にとっては、賑やかな日であり、私達夫婦にとっては初心に戻る日なんです。
長女は昨年末に結婚しましたから、あとは長男。彼が人生のパートナーとの縁ができると嬉しい。

さてさて..

今日はFB友達の安本圭一さんがお見えになる日です。
以前より
「会いましょうね。会いたいですね。」とFB上でお話をしていました。しかし実現しませんでした。それが私たちに共通している友人が入ったことで
とんとん拍子に「会いましょう」となり今日を迎えます。

ワクワクしています。

イキイキ・ワクワク

日々、こうして時間を過ごすことが出来れば幸せです。
自分のエネルギーを高める事に最大の努力を行い、幸せの輪を大きくできればと思います。

Filed under: スタッフ日記 — admin 8:17 AM  Comments (0)

レジリエンス力

おはようございます。
2月15日金曜日の朝を迎えました。
出勤の日は、だいたい6時30分ごろに事務所にきます。今朝は、明るかった(^^♪~ 春が近づいていますね。夜明けまじかです。

さて今日はうきうきルームで脳若トレーニングの講師をする日です。
〇〇町内会では第4回目になります。
毎回、遅延記憶のトレーニングが最初にあります。
その時に覚えて頂く3つの言葉を決めるのですが、今日はやはり池江さんへのエールをメインに覚えて頂こうと思います。

その覚えて頂く言葉の3番目を、レジリエンス力 にしようと思います。
この言葉、このブログでも何度か書きました。
しなやかさ・・ だとか、回復力とかを意味するそうですが、私としては、柳の様な強さという心の強さを意味していると思っています。
何が来ても動揺せず、しなやかに流れに沿って動き、平常心で、常に立つべき姿で立っている。そんな力だと思っています。
これは、この脳若トレーニングを行いながら養う事が出来ます。

いろんなトレーニングを行う中で、出来ない自分に腹を立てる。嫌になる。受け入れない。そんな方は多くいます。その結果、こういうトレーニングを止めて逃げるとますます悪くなる。せっかくのチャンスを自ら手放す事になります。

出来ない。という現実を受け入れ、よ~し、出来る様になったるばい(^^)/ と挑んでいく力。それがレジリエンス力だと思うんです。
この力、必要だと思いませんか?

この力、実は、笑老ライフ人は皆さん持っています。
もちろん、あの植木理事長も。

昨年の9月に行ったホッ..とサロンで、私が植木理事長にインタビューをする形式でトークセッションを行いました。
植木理事長のお話を伺いながら改めて『素直な人だな・・』と感じ、『素直に受け入れる人』とシェアをしました。
一瞬、ハタッ・・ とされましたが、その次の瞬間、グッ..と噛みしめて『そうかもしれませんね』とリアクションをくださりました。

この部分がとても大きな差をつくる事になるんだと思っています。差というのは、頂いた時間を自己実現に使うか、何に使うかの差だと思っています。

今日も、脳若トレーニングを行いながら、レジリエンス力を身につけるべく磨いてきます(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:01 AM  Comments (0)

サムライトさん、おめでとう(^^)/

おはようございます。
2月14日木曜日の朝を迎えました。

『神様は、乗り越えられない壁を与えない。私に乗り越えられない壁はない。』
朝からパワーを貰いました。池江さん、私もそう信じています。

昨日、ビジネスパートナーが..
『渡邉さんが、時期 参院選に 立候補しないと表明されていますよ』
と教えてくれ、その理由記事を読んでくれました。

私は、次は違う形で挑んで頂きたいと思います。
政権側が進めるやり方がいいのか・・ 渡邉さんが主張するやり方がいいのか・・ これはどちらが日本国民の為に良いのかはわかりません。ただ言えるのは、ここで諦めるのではなく、やり方を変えてでも挑んで欲しいという事だけです。渡邉さんの主張する事が皆にとって良いことならば、必ず前に進むはずです。

話はまた飛んでいきますが、今日、お世話になっている脳若トレーニングのリーダーである光岡さんが引っ張るサムライトさんが10周年を迎えるとの事で、本社でそのお祝いがあります。

草創期の頃、全国にこのトレーニングを・・ と言われていた光岡さんに
『まずは小さくスタートをした方が良いと思いますよ』とアドバイスをしていました。
この10年、全国各地で行われる様になったこの『脳若トレーニング』。
私は、今日、光岡さんに『あの時のアドバイス、光岡さんに失礼な事を言ってしまいました』と謝ろうと思っています。
私利私欲・我欲のない光岡さんだからできたんだろうと思っています。
光岡さんはよく『レジリエンス力を鍛える』という事を言われます。
ここがポイント。

先日、固定概念の事についてお話をした時、『レジリエンス力を鍛える事には、枠を外すというトレーニングもあります。だから良いトレーニングになりますよ』と教えて下さいました。

大きな枠は、『出来ない』と思う枠です。
自分を信じれない枠なんだと思います。この枠を外し、自分を鍛える事が脳若に繋がるし、池江さんの様な言葉が出てくるようになるし、別の方法で挑む様になると思うんです。

できる!
自分を信じれる様に成長したいですね。そして自分のエネルギーを日々高めたいですよね。
日々起こる様々な出来事で自分を鍛え、トレーニングし、自分は出来る!と言える池江さんの様なエネルギーの高い人になる!

10年前に光岡さんはそう決意して、今を生きているし、いろんな方々の人生を豊かにしているんだと思っています。

光岡さん、おめでとうございます(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:09 AM  Comments (0)

がんばれ、池江選手!

おはようございます。
2月13日水曜日の朝を迎えました。
昨日は、大坂選手がコーチと関係解消をしたニュースが舞い込み、あらっ・・。
松坂選手がファンから腕を引っ張られ、肩の炎症を起こし、まだ投げれない状況にあるニュースが舞い込み、アラッ・・。
柔道で先日引退した野獣こと松本選手が、アイスクリーム屋さんをオープンしたニュースが舞い込み、あらっ・・。
そして驚いたのは、池江選手が白血病になっているとのニュースでした。
最初はとても驚いたのですが、直ぐにこんなストーリーが頭をよぎりました。

池江選手が東京オリンピックで金メダルを獲得するんです。
レース前、晴れ晴れとした表情の中に、やるぞ!と、腹の芯から湧き出るエネルギーがみなぎっています。
会場は、池江選手を応援する大合唱で埋め尽くされる。
そのスタート地点に立つまでの間、幾多の困難を乗り越えてきた。
白血病と闘い、壮絶な戦いを制した中、キセキのカムバックを果たす池江選手。
何かに導かれるように、過去を超越した状態で望む事になった2020東京オリンピック。

池江選手の姿が見えた瞬間、会場は大歓声!! 大勢が涙しながら池江選手にエールを贈っています。そのもの凄いエネルギーに包まれた中レースに向かう池江選手。

圧倒的な強さで 見事 金メダルを獲得しました。

レース終了後のインタビューで池江選手がコメントをします。
『この病気が私を強くしてくれました。こんなに多くの皆さんからたくさんのもの凄いエネルギーを頂け金メダルをとれたのも、皆さんの応援のおかげです。そのお陰で、全てを受け入れ、今の私にとって必要な事なんだ。と前向きに取り組むことが出来ました。きっと良い方向に進んでいる。必ず良い方向に進む。そう信じて今を受け入れる事が出来ました。今日の結果は、その積み重ねだと思います。皆様、本当にありがとうございます』

こんな事を想像しました。

池江選手には、そのエネルギーを感じます。

池江さん、応援しています!

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:03 AM  Comments (0)

ハッ.. として ドッシリ。。

おはようございます。
2月12日火曜日の朝を迎えました。
それにしても
9日からの3日間.. 濃かった(^^♪

9日の夜、久留米にいました。
人生初..
お姉さま方に囲まれ
次々にダメ出しが飛んできます。
私のコーチが、何度言っても入らない私に対し
『どうやったら入るんだろう?』
とさんざん考えて下さった結果..なんです。
見捨てられそうになったようですが、これが最後! と思い、Iさんを含めた3人のお姉さまとコーチの5人テーブルに入った新年会でした。

Iさんと私の経験がよく似ていたようで、Iさんの言葉で言われると、どんどん入ってきます。その結果わかったのは、何と沢山の固定概念のある自分なんだろう・・という事でした。
良し悪しの判断を、この固定概念が行っていたんです。
目の前に起こる出来事は、私の今後に必要な事なのですが、これは良い・これは悪いみたいな仕訳け方を自然としていた様でした。
妻からもガチガチだから疲れん?と言われた事があったんですが、その時はこれが良いと思っているから入ってきませんでした。

毎日を、イキイキ・ワクワク過ごす為には、エネルギーが高くないとなれません。
私は1度、そういう時を体験させて貰いました。
忘れない為だったんでしょう。
ありがたいです。
それは大学を卒業して住宅営業をさせて頂いていた時でした。
毎日
長渕剛さんの
『明日に向かって』を聴きながら、
『今日はどんな方と出会えるんだろうか?』
とワクワクしながら仕事に向かっていました。
お客様との折衝を、相撲の勝敗表みたいにしながら楽しんで行っていました。
毎日が挑戦者であり、イキイキしていたと思います。
こういう時は、物事に動じません。

今までの人生の中で、場面場面で自分と見つめ合ってきたつもりでしたが、そうではなかったようです。1人よがりでした。

この話を妻とする時間がありました。
ようやくわかり合えた氣がします。
妻からすると信じられないでしょうが、ようやく同じラインに立ったように思います。

今まで抱えていたモノが崩れ落ち、目が開いた様な感覚があると同時に、変わる事を潜在意識が怖がっていましたが、遂にその時を迎えたと潜在意識が言っています。
来るべき時がきたんです。

観念した自分に逢えました。

それでは良い1日を。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:06 AM  Comments (0)

ポンタ

おはようございます。
2月8日金曜日の朝を迎えました。

昨日、脳若ステーション栄光会の日だったんですが、家で飼っていたワンちゃんがお亡くなりになり、暫く立ち直れなかったTさんが、久しぶりにお見えになりました(^^♪
まだ完全に..ではないですが、前を向いて歩んでいこうという姿勢に、勇氣を頂きました。
ありがとうございます。

皆さんは、このTさんみたいな経験をした事がありますか?

私の経験を少しお話したいと思います。

私が小学生から中学の時、ぺスを飼っていました。雌犬です。このぺス、私の部屋の横の屋根かかりのある場所で飼われていました。
ある時、たくさんのワンちゃんを出産したぺス。
部屋からそのワンちゃんを観るとかわいくてかわいくて(^^♪
そして月日が経ち、妹がもう一匹飼いたいと言いだしてミークという犬を飼いました。

ある日の事です。
家に帰ってくると、ペスがいないんです。
『ペスはどうしたの?』
と聞くと、
『氣がついたらいなくなっていた』
とかえってきました。
ええ・・
そう思いながら帰りを待っていましたが、ペスは二度と帰ってきませんでした。

それから十数年後
家族ができ、家を持つことができて生活を始めて間もない時でした。
仕事中に妻から電話があります。
『お父さん、犬を飼っていい?』
そして犬を飼う事になったんです。
その名はポンタ。
私の中では、
『この犬、なんかペスに似ている。。』
そんな思いがありました。

このポンタ、17年の間、数々の思い出がありました。
学生時代に苦しんだ次女を助けてくれたポンタ。
晩年、衰えが顕著になり、もうながくないだろうね・・ と家族と話していた矢先の事でした。

ポンタが消えたんです。
妻と長女と一緒に探しました。その時、ちょうど長女と3人暮らしをしていた時でしたので3人で探しました。
翌日、役場に
『犬が保護されていませんか?』と妻が聴きに行きますと、その日の夕方、妻に連絡が入ります。
『川で溺れていた犬を粕屋保健所でお預かりしています』

妻は砂煙をあげて粕屋保健所に向かいます。
そしてその犬は、ポンタだったんです。
死に場所を探していたのでしょうか?
そこから動物病院に向かい、手当をし、2晩の入院の後に家に帰ってきました。
それからしばらくは元氣でしたが、冬の寒さに耐えれなくなりました。
もうそんなにながくは・・ 
という時、玄関に暖房を持ち込み、妻と長女が交代で必死にポンタを看護ります。
そして朝、私は、ポンタがぐっすり寝ていると思い、起こさずに職場に向かいました。
しかしそれはぐっすり寝ているのではなかったんです。

その夜、2人で火葬場に行き、ポンタと最期のお別れをしました。

ポンタ
ありがとう。今も涙が出ます。

もっと大事にしてやれば良かった・・ と

面倒をみているようで、看て貰っていました。

ポンタ、成仏してね。。

ありがとう。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:04 AM  Comments (0)

2100回目。

おはようございます。
2月7日木曜日の朝を迎える事ができました。
ありがとうございます。
明日から、寒波が到来との事。寒暖の差が激しい昨今です。
どうぞ、ご自愛ください。

さて、昨日は仕事を休みまして、1日 お袋デイ でした。
朝から迎えに行きまして、久しぶりの病院受診です。
ケアマネの中村さんが、母や私たち家族、うめはうすの皆さんを含めた三方に心を配って頂き、懇親のアドバイスをして頂きました。そのお氣持ちに心が温まると共に私たちの心をより母の事に向ける様にご尽力をして頂きました。
これには、うめはうす施設長の関屋さんが相当なご尽力を頂いたんだと思います。
そのお陰で、私たち夫婦も今の状況に時間をおいてはならぬと想え、昨日のことになりました。

実はその前の晩に、アロマセラピストの森さんと一緒に母のところに行っていました。
それは、母の睡眠の質をあげる為、いろんな事を試してみたいという思いからです。
薬を極力飲まず、その他の方法で睡眠の質を上げる事を身体に覚えさせ、夜 ゆっくり眠れるようにしてあげたいという意識からの事です。

現在、母の寝るベットにセンサーを取り付けています。
1晩で、4回位ベットから離れている事がわかりました。
睡眠時間が約7時間の様ですから、その間に4回もトイレに起きるとなかなか睡眠が思う様に行きません。

みんながわからなかった母の現状を知る為に、いざ〇〇病院へ。妻と3人で向かいます。
途中、ニコニコ笑顔の母は、ピクニックにでも行くようなハシャギぶりです。
ひとしきりみんなで話し、大笑いをしたところで病院に到着しました。

予約をしていましたので、スムーズに事が進みます。そして検査も終わり、いよいよ現状がわかる時を迎えました。
4年前と今..
やはり海馬に相当な違いがありました。

そして、Dr.Kとも
睡眠の質をあげよう!
そういう意見で一致。
早速 対応するようになりました。

その後、夕ご飯に間に合うぎりぎりまで、各種の用事を済ませ、うめはうすに戻り、関屋さんに報告し、電話でケアマネの中村さんにも報告。
一様に、安堵してくれたようでした。

みんなが良くないと、母も良くなりません。

今回、いろいろ考えましたが、その考えを基にして、どうすれば良いか?を検討していきますと、今回の決断になりました。これで良いんだ。ここをスタート地点にしていいんだと思い、前に進んでいきます。

皆さんの氣が揃ったスタート地点が出来て、本当に良かったと思います。

母の安眠を願います。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:17 AM  Comments (0)

ホッ..とサロン 高杢さんが講師に決定!!

おはようございます。
2月5日火曜日の朝を迎えました。
車のフロントガラスが凍っていまして.. 今日は暖かくなりそうですね(^^♪

日曜日、K社長が、母のベットにセンサーを設置して下さり、いよいよ今から大実験が始まります。

去年の事です。母がお世話になっている老人ホームの施設長さんが..
『お母さまが夜、あまり寝れていないのではないか?』
というお話を頂きました。
それは私も感じる事がありました。
トイレに数度起きる事があるし、寝ているかな?と思う様な時もあったので、施設長さんの感覚がわかるような氣になったんです。

そこで..
母がどれくらい寝れているか?
これを可視化できないか?
そう想い、K社長さんに相談しました。
うーーーーん と唸る中、
『まずやってみましょう』
という事で日曜日にセンサーの設置になりました。
ここで、母の夜のパターンを掴んでいきます。
そして眠れているかどうか?を図れそうな指標を探していきます。
どうやってそれを確認するか?については、いろんな組み合わせの工夫が必要ではないか?という仮説のもと、今日、アロマセラピストのMさんと母のもとに行き、面談をする事にし、今後、定期的に行っていく眠りの質を向上する為の施術を試していきます。
その施術とセンサーが出してくれるデーターとの因果関係、その日の母の状況..等、いろんな要素を組み合わせ把握をしていきます。
そして基準が出れば、その基準に合わせ、今日の状態を把握して夜勤者の方に対応準備や、寝る前に何をする事で夜の睡眠向上に繋がるかを出していきます。

これは、本人の睡眠向上による病気予防 と スタッフの方の夜勤負担の軽減、他の入居者の方への負担軽減を目指しています。

母での実験がより多くの方の為に.. 夜勤をする方の負担軽減に繋がるようにしたい!
そう願いながら何とか実現させたいと思います。

一方、笑老ライフ研究所が毎月開催する『ホッ..とサロン』の2月開催について、講師が決定しました。
何と、元チェッカーズの高杢禎彦さんです。
時代を席巻したあのチェッカーズのメンバー。
その高杢さんは、ある時、ガンにおかされます。大病でした。
一時はすべてが嫌になったそうです。
しかし、周囲の方々から一所懸命支えて頂いたその氣をキャッチしてから、全てを受け入れ、前を向いて歩んでいらっしゃいます。
そんな高杢さんの笑老ライフな生き様をお話してくださいます。

2月21日開催のホッ..とサロンに是非お越しください。
生きるエネルギーを貰えるんだと思います。
あたたかい氣のでた場になる事は間違いありません。

皆さまのお越しをお待ちしております。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:01 AM  Comments (0)