このためだったんだ!

こんにちは(^^)/
少し肌寒い5月19日土曜日です。
今日は、昼からの勤務となります。

先程まで、母の担当者会議を行っていました。
私の横に母が座り、会議が始まります。

母の表情や皮膚の具合、背中の丸々具合、詰めの長さ..等々、全身を観ながら、背中を少し叩きながらさする様にして話が始まります。

暫くして
ケアマネの中村さんが話を
『そう言えば、鷹尾さんはお勉強が..』という話題を提供して下さいました。
そして頃合いを観ながら
『あのね、今度関屋さんが Γ忘れても良い大学」をつくるらしいよ。良かったら、その大学に入学をさせて貰ったらどうだろう?』

前にも書いたかもしれませんが、どうしても大学に行きたかった母。
しかし、その想いは叶いませんでした。
その当時の事を今も強く想い、その事に対して許す事がなかなかできない母。

勉強の話の展開の中で、この想いがまた蘇り、涙をしながらその当時の想いを話すのです。

『何か三方良しの企画はないか?』

そう想った時、の様な、『忘れても良い大学』という言葉が出てきました。
一様に
この『大学』というフレーズがスーと入ってきた様で、
『やりましょう』
という事に決まりました(^^♪

その後、
『何であの時、こういう言葉が出て来たのかなあ~』
と振り返る中で、ある事を想いました。

私は、もう数年前から『笑老ライフ大学』というワードを使い、その存在の必要性を感じていました。
今日は、『忘れても良い大学』という名前を言いましたが、その必要性を以前から想っていました。
そしてその想いは、『栄光すこやか大学』へと繋がり、今は『うきうきルーム』へと繋がっています。

そして『忘れても良い』は、昨日みた記事に『注文を忘れても良い料理店』というお店が期間限定で出来たと載っていました。

『これだーーーー!』

そう想った私は、数人にメールをし、伝えようとします。
しかしそのうちの2人には何回送っても未送信となります。
今までそんな事がなかったのですが未送信になる。
しかしもう1人にはすぐさま繋がる。

不思議です。

そして今日、母の会議でその記事が、『忘れても良い大学』と表現され、その実現にたどり着いた。

今日氣がつきましたが、この『大学発想』は、この日の為にあったんでしょう。

ずーと意識の中に母がいたんだと思います。

今、母がお世話になっている『うめはうす』さんも、最初のコンセプト創りの時から加わっていましたが、その時から母の事を意識・イメージしながら計画をしていました。
その頃の母は、まだまだ元氣でしたから、自分の潜在意識が教えてくれていたんだろうと思います。

1つのこの流れが、なぜあるのか? そういう理由だったのか?
が今日わかりました。

何だかスッキリです。

今日はこの勢いを借りて前に進みます。

では皆さんも、充実した1日をお過ごし下さい。

チェスト!

Filed under: スタッフ日記 — admin 11:48 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA