西野ジャパン、ありがとう(^^)/

おはようございます。
台風が近づいている朝を迎えた7月3日火曜日です。

日本サッカー..
Liveで観ていませんが、朝のニュースで経過を観て、ベスト8の臭いがする所まで来ているんだと感じました。
今回の大会で、優勝に最も近いのではないか?と思われるベルギーを相手にここまで戦ったこのチームに敬意を表します。そしてこのチームを率いた西野監督に敬意を表します。

試合後の西野監督のインタビューで
『何が足りないのでしょうか..』
と呟いたあの一言が印象に残りました。
ここに視点がいく。次回はきっとベスト8に行ってくれる。いや、それ以上の結果を出してくれる。イコール、私たちに希望を与えてくれる。そう感じます。

願望ではなく.. 夢ではなく.. 目標化され、必ず成し遂げるんだ。その為にどうすればいいのか..を具体的に具体的に本氣で考える方がリーダーであると、本氣で行動するチームを創り上げる事ができるんだろうと想います。

今回の西野監督にはそれを感じますよね。

私は、今回の西野ジャパンに学ぶ事大でした。
西野監督の事を学びたいと想っています。

あの采配ができる西野さんって、どういう人なのか? どういう生い立ちがあり今があるのか..
とても興味があります。

私たち笑老ライフ研究所は、この社会を構成する人たちが、みんな笑老ライフ人であって欲しいと想っています。
ではどうしたらそれができるんだろう?
本氣でそんな事を考えている?
いや.. まだまだ。。

と想っていました。

それは、自分がそうだったからです。他人ではありません。自分が本氣になっていなかったからです。

そんな自分でしたが、最近、いろんな登り口(目的を達成する為に)がありますが、どこから登ればいいか?の整理がつきはじめ、少しづつ頂上を目指して登り始めました。

これは、植木理事長をはじめ、理事のメンバー、事務局のメンバーの皆がその糸口を模索してくれたおかげだと感謝をしています。
特に、心技体の全てにおいて笑老ライフを目指し生きている様に感じる山崎事務局長によるところ大だと感謝をしています。

縁の下の力持ち。本氣でやり遂げようと真摯に向き合っている仲間の姿に、氣をもらったから今がある。

その氣を、どんどん伝えて行きたい。という氣持ちになっている今だからこそ、西野監督を学びたいと想っている様に想います。

あの監督であれば、必ずや日本を次のステージに上げる事ができる。
そう感じました。

私も、笑老ライフ研究所の一員として、この研究所を次のステージにあげれるよう、皆と協力しながら前に進みたいと想います。

『たった1人。その人の為に。その人をイメージして前に前に進める。』

西野ジャパンの皆さん、ありがとう(^^)/

今日も最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。
今日が皆様にとりまして、最良の日になりますように。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:17 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA