やるぞーーー!

おはようございます。
眩しい(^^)/ 快晴の朝を迎えた7月10日火曜日です。
暑い1日になりそうです。

今回の豪雨による被害が次々に明らかになっていきます。
相当な被害が出ている様です。
被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。
被害に遭い、どうやって立ち直っていくのか?
それを想像すると、自分に出来るのか?とおもう位です。
それに寄与する為に何が出来るんだろうと.. 私たち笑老ライフ研究所で何ができるんだろう?私個人で何ができるんだろう?
そんな事を考えていました。

そう考えれば考えるほど、笑老ライフという生き方を伝えて行く事。
ここをやらねば.. と想います。

今朝、ネットニュースの中に、『伊東四朗さんが免許返納で得たもの』という記事がありました。さっそく読んで見ると『爽快感があった』と仰っている様でした。
免許を返納する事により、事故を起こす事に対する責任から解放される。その開放感から爽快感が生みだされたんだろうと思われます。
伊藤さんのお住まいは東京。
電車がきちんと時間を守る。とも仰っていました。

東京の場合、交通インフラを含め、生活インフラが発達していますので、車がなくても生活しやすいと想います。これが田舎になるとどうでしょう?
それも電車も、バスも、1時間に1本とかいう場所の場合..
その場合、車に乗って移動する方は車を使います。どうしても移動方法が車になる。
その地域の方々が免許を返納する為にどうするか?
ここがポイントになります。
が..

どの場所で生活をするにも、自ら運転免許を返納できる事は凄い事だと想います。
その行為に敬意です。
こういう記事が多く出る事を期待しています。

私たち笑老ライフ研究所でも、これに類する声や経験を集め、私たちのホームページに掲載し、全国で運転免許返納について困っている人、悩んでいる人に少しでもお役に立てればと思います。
想いとしては、本人が今まで一所懸命生きて来たのに、晩節を汚す事のない様にする事。
人生最期を、幸せな人生最期にする事。
そして、生涯、笑老ライフに生きた事。
残された家族が、その生き方に共鳴し、前を向いて自分も笑老ライフに生きるんだ!となる事にあります。

そんな日が必ず来る事を胸に秘め、今日も1つ目の前の一瞬一瞬に懸けたいと想います。

チェスト!

今日が皆様にとって最良の日になりますように。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:12 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA