ツアー

おはようございます。
よいお天氣になりそうな10月29日月曜日の朝です。

日本シリーズが始まりました。
引き分けから始まったこのシリーズ。
今後、どんな展開が待っているでしょうか。
楽しみに戦況を見守りたいと思います。

先週の土曜日、日本シリーズが始まった日。
通所利用者の方を、東峰村の宝珠山庁舎へお連れしました。

今年の7月、志免マルシェに於いて、東峰村の復興支援の為に『星に願いを』と題した大型貼り絵作品を創りました。
その下絵や貼り絵を総合プロデュースし、製作をされた方がその通所利用者さんだったんです。歳は48歳。まだまだお若く、才能豊かな愛すべき男性です。

その作品を
東峰村役場に飾って頂いているという話を聴き、本人に伝えました。
そしたら『この目でみたい』とう希望されたんです。
しかしそこにいく交通手段がないという事で、
エイヤー
私がお連れする事にしました。

自宅にお迎えに上がり、いざ出発(^^)/
いろんな話をしながらのドライブです。
天候もよく、いいドライブです。
杷木インターで降りて、下道を進みます。

途中、復興中の山々や川沿いを通ります。
それまで会話があった車内ですが、その光景を見るなり言葉がです・・
ようやくその方が話し始めました。

『作品を創る時、現地をみるべきだった・・』

その意味が私にもわかりました。
この現実をみて作品を創ったら、もう少し作風がかわっていたかもしれない。
そこに込める想いが、現地を見て創るのであればもっともっと違っていただろうと・・

そんな想いが出てくるなか東峰村役場の宝珠山庁舎に到着しました。
役場では業務が無い中、ロビーに展示をしている数々の復興支援の氣持ちを一般の方にみて頂く為にロビーは空いているんです。
そこにひと際目立つ貼り絵作品。
記念写真をたくさん撮って
次なる場所である『井上酒造』に出発します。

ここでは、来月長女の結婚に向けた両家の顔合わせで、相手側のご両親へのお土産を買おうと想っていましたし、相当のパワースポットなので利用者さんをお連れしたかった事もあり立ち寄る事にしました。

出迎えて下さったのは、素晴らしい環境と、パワースポットを彩る前社長様。
現社長、井上百合さんのお母様です。
一所懸命対応して下さるんです。
それが何とも微笑ましくて・・ 
パワースポットです。
私は
百合仕込みを2本。利用者さんは、生姜入り梅酒とその梅を購入しました。
社長の井上さんが接客中だという事で、挨拶もせずそのまま離れ、いざ食事へ。
夜明に蕎麦を食べる所があったと思い、あの水面あたりを探します。
しかしドライブインはなくなっていました。
が、あったと思った場所に小さな小さなカフェがあったんです。
一旦スルーをしましたが
『やっぱり行きましょうか?』
となりそのお店へ。

暫く待ってから入店しました。
もうカレーくらいしかありませんが・・ と言われ、そのカレーを頂きます。
大満足・大満足(^^)/ デザートと梨ジュースもたまらなく美味しく大満足でした(^^♪

そしていろんな話を車中でする中で、その方のお母様の出身地が吉井町だと聴き、吉井町に行った事がないというので吉井町に直行しました。
あの白壁地帯を歩き回りました。
途中、写真を撮りながら、随分と散策をしました。
彼の中では
『お袋はこの町で育ったんだ。どのあたりで暮らしていたんだろう?』
そう思いながらの散策になったそうです。

吉井町の古きと新しきを融合した
『温故創新』精神に魅せられ、今日の旅が終了。

よかツアーになりました。

私の中に残ったのは、『今できる事を 今 一所懸命に』でした。
利用者さんの生き様 ・ あの作品をこの場を見学してからつくればよかった ・ 井上酒造の前社長のあの一所懸命さ ・ あのお店の心配り ・ 吉井町での温故創新 

何より、利用者さんと心が通じたあの時間は、かけがえのないものになりました。

行って良かった!(^^)!  Hさん、ありがとう(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:25 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA