氣づいた。

みなさん、こんにちは。
令和元年7月6日土曜日です。
今日は少々遅くなりました。
今まで母の受診に行っていました。

今日は反省する事が多い。

受診をしている時に、ハッ.. と氣づきました。

『お袋の状況が悪くなったりするのは、俺のせいではないか?』

受診時に、先生が
『おかしいな..』と言うのです。
先生の感触からすると、母がホームで行っている様子がなかなか信じられないようで・・

私なりにズーーと考えていました。

もしかすると、お袋のリズムを崩しているのは俺なんではないか?
毎日外出し、いろんなところに行っていたお袋からすると、ホームにズーーといるのは自分のリズムではない。
自分に
仕方ない・仕方ない と言い聞かせているのではないか?
私が女をつくって逃げた。と皆さんに言っていたという事は、
そうだから私はここにいなければならない。
そういう理解をしていたのではないか?

そう感じると、どうもうこうもしようのない感情になりました。
平常心を欠くことに..

申し訳ない事をした。ごめん。ごめん。
うめはうすの皆さんにもごめんなさい。

時間を作って、母の外出をサポートします。

氣づいてよかった。。

Filed under: スタッフ日記 — admin 11:29 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA