田中正義投手

おはようございます。
令和元年7月11日木曜日の朝を迎えました。

昨日のホークスは、田浦君が8回・9回を任され、見事なピッチングを魅せたそうです。
ニュースでは、『ホークスの隠し玉』と紹介をされていました。
思ったより早く1軍で投げてくれて嬉しいですね。

私は、和田投手が降りて、田中正義君がマウンドに上がった時を観ていました。

本人は、腕の振りを全力で!とコメントしていましたが、投球練習をしている姿をみて、フォークを投げる時、スライダーを投げる時、ストレートを投げる時と、投げるボールによって腕の振りが違います。
『これはいかん。何を投げるかわかってしまう』
そう想い応援をしましたが、勝ち越し打を打たれてしまいました。
緊張をしていたのかもしれません。

私の予想では、
『急慮の登板で、氣持ちの準備が出来ていなかったかもしれない。でも投げる時は.. という準備を予めしておかねばならぬ。』
そう思いました。

私も投手を少しした事があります。
言えるのは、投げる時に打者を打ち取れるイメージを持てるかどうか?それが大事だという事です。

そのイメージが持てる時は調子がいいんです。
では持てない時にどうするか?

『打たれるんではないか? 打たれたらまた二軍になる。もしかしたらクビになるかもしれない』というイメージに繋がっていきます。
ではどうしたらいいか?

今の自分で打たれたらしかたない。これだけ練習をしてきたのだから。
今、俺のできる事を一所懸命にやろう。それでだめだったら仕方ない。
この1球、1球を全力で腕を振って投げよう。
力の限りの想いを込めて。

私はこれでいいんだと思います。そういう氣持ちで打者に挑むと、迷いのない波動は打者に相手に伝わります。
覚悟の出来た人間の投球にはエネルギーを感じます。
だからその氣で打ち取れるんです。

昨日の田中正義君は、結果を意識しすぎたか、準備不足であったかだと思います。

田中君、今は、どうか、結果を恐れず、今まで積み上げてきた事に誇りを持ち、今の自分にできる最大限のパフォーマンスを魅せて下さい。

どう考えて野球をするかで、今後の人生が変わると思いますよ。

ガンバレ! 正義!

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:06 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA