レジリエンスを意識する6月

おはようございます。
令和2年6月5日金曜日の朝を迎えました。

5年前の6月3日。
この日は、寝ている時に目がグルグル回り、脳の血管が切れるんではないか?というくらい、血が上ってくる感覚になり、急ぎ救急車を呼んで貰った日でした。

そしてこの日.. 姪っ子が産まれたんです。

結果は、耳の石が動いたとのことでした。

なんで急に..
この頃は、ストレスが凄い時でした。
母と同居が始まり、毎朝5時位から外に出て、当時2匹の犬を実家から母と一緒に連れてきてましたから、その犬に餌をやりに行ったり、犬とたわむれに行きます。

ダニのいる季節。犬とたわむれた後に家に上がってきますが手を洗いません。
衛生上の問題がある為、看護師の妻はイリイリします。

犬は吠えますから近所の迷惑を考えると..

そんなこんなでなかなか眠れず
ストレスだけをためていました。
そして眩暈が..

あの日から5年が経ちました。

結局
母と同居をしている期間、私は2度病院に運ばれ、1度は入院をしました。
そして何と、小脳に脳梗塞の跡が見つかるということもありました。

やはり
ストレスは怖いです。
身体に大いなる異常をきたします。
ストレスの発散と言いますか、自分なりの付き合い方を見つけられるといいですね。

その6月3日のお誕生日を昨日思い出したので、お祝いのメッセージだけになりましたが贈りました。
すると
5歳になった姪っ子は、随分と顔も変わってきて大人顔になっていました。
写真でみただけですが
いろんなことを貯めているように映りました。
発散しているのかな?

表情をみただけですが、そんなことを思いました。
逞しく生きて欲しい。
そう思います。

そんな夜、孫娘からテレビ電話がありました。
明るく
元気よく
しゃんしゃん喋ります。

日曜日、家の大掃除を開始しようかと思っていましたが
「日曜日は何をしているの?」
と聴かれ..

「よ~し.. 朝からお弁当をつくってピクニックに行こう(^^)/」
と言いますと、
「やったーーー(^^)/」
と言って、遊んでいたモノを片付け始めます。

おいおい
今からいくんじゃないよ..(^^♪
と思わず笑みがこぼれました。

笑老ライフ研究所では、十人十色の人生のなか、どんな人にもストレスマックスの時があると思いますし、ため込むこともあろうかと思います。そんな時、思い出して欲しいのは、レジリエンス(ゆるやかに回復する力)と切り替えです。
一方から観ていたそれを、反対からみてください。
そして唾をごっくんした後、深呼吸を3回行って下さい。
その後、笑みを無理やりにでもつくって下さい(^^♪

きっと少しは切り替えの準備ができるはず。
そしてゆるやかに回復する方向に視点がいくはず。

みなさん、6月は、レジリエンス力を意識する月間にしましょう(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 6:58 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA