お付き合いください。

おはようございます。
令和2年9月15日火曜日の朝を迎えました。
朝が冷えました。
もう窓を開けて寝れないようになりました。季節の移ろいを感じます。

9月15日と言えば、昔は敬老の日でした。
今年は、9月21日。お彼岸の時期になります。

昨夜、妻と2人で、仏壇にある鷹尾家のお位牌の中に入っている方を観ていました。
いろんな人がいます。

私は、ある時期、自分の存在について考えていました。
自分は
いま
なぜここにいるのか?
どういうご先祖様の流れをくんでいるのか?
私の爺ちゃん・祖母ちゃん・ひいじいちゃん・ひいばあちゃんは誰なのか・・
そんなことを考えている時期がありました。
その事を、私のコーチであるGさんに相談します。

その時Gさんからこう言われました。

これは私の意見ではなく、あなたのお父さんの声です。

お父さんは
鷹尾家は、いろんな人がいて鷹尾家なんだ。広く・大きな心を持って鷹尾家としよう。

その様な趣旨の内容でした。

この話は、私の腹におちました。
それ以来、そう思って生きています。楽になったと思います。

最近、ご先祖様から呼ばれているような気がします。
私が何か・・ 誰かを忘れているのではないか?
そんな感じがしています。

お彼岸の際に、お寺さんに行きますので、その時に住職さんに相談をしてみようと想っています。
たぶん、私がするべきことをしていないので、気づけ・気づけ と教えてくれているのだろうと思います。

そんな事を想っていると、妹から電話が..
ショッキングな内容でした。
やはりここに..

妻から、
お父さん、今はここに集中する時よ。
とありがたいアドバイスを貰います。
そして
お父さん、長生きをしてよ。

と。

長男に生まれ、鷹尾家の事が出来ていませんでした。

ここからそのギアを入れる。その必要を感じています。

命の使いどころですね。私しかできないことです。

子供達にしっかりバトンを渡したいので、このことをしっかり行います。

ご先祖の皆さま、申し訳ありません。しっかり行い、次の世代に引き継いでもらえるようにします。

Filed under: スタッフ日記 — admin 6:54 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA