ありのまま

おはようございます。
令和2年9月16日水曜日の朝を迎えました。

昨日の送り送迎の際、利用者のTさんが、「明日もよろしくお願いします」と言って車を降りた。
この気持ちと言葉に感動した。
同乗していたSさん、Tさんはどう思ったであろうか?

この日、一番最後にお送りするSさんに、2人になった場面で
「Sさん、今日も最後までお付き合いを頂きまして、ありがとうございます」と話しかけた。
これは、毎回、最後にお送りする方に御礼をいう様にしている。
一分一秒でも早く家に帰りたいところを一番最後までお付き合いして下さるわけだから当然のことだと思っている。

するとSさんは
「はい どうも」
とお決まりの言葉をかけて下さる。

この言葉を聴いて、いつも救われる。

そもそも
望んで行った仕事ではない送迎サポート。
人手が足りず.. 修行が足りず.. そういうことからこの仕事をさせて頂く様になった。
最初は業務を覚える為に横乗りをさせて頂き、車に酔い、吐いた事もあった。
何ともお恥ずかしい。

そういう事を経て、
よし、日本一の送迎マンになる!
そう決めて励みだした。
そうしないと継続して出来ないからだ。

この送迎のお陰で、いろんなことを教えて貰った。

本当にいろんな事を教えて頂いた。

中でも 昨日のような 挨拶と気持ちを素直に伝えること。

こういうことを大人がすることに対し、変な観方をされるかもしれない。
しかし、そうされても良いと思う。
なぜなら
私は私だからだ。

そうすることで、自分の心が穏やかになり、嬉しい気持ちが出てきて、清々しい気持ちの中で、明日を前向きに生きる活力が生まれてくるからだ。

身体が欲している。そうなることを身体が欲している。

自ら進んで行う。

山に登っている時はどうだろう?
挨拶を交わすのではないか?
それと同じことを
そのまま 日頃の生活の中でも 素直に行いたい。

今日はそんなことが浮かんできました。

思いつくままに投稿をさせて頂きました。

Filed under: スタッフ日記 — admin 6:53 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA