三世代生活

おはようございます。
令和2年5月23日土曜日の朝を迎えました。
今日は新月ですね。
願い事を書きましょう。

朝、コーヒーを待っている間、スイングの練習をしていましたら、掴めました。このスイングならプロに行けたんではないか?と。
いいスイングでした。このスイングで固めていきます。

話は変わりますが、昨夜、妻の誕生会を行いました。
孫・次女。そしてオンラインで長男が加わり、しばし楽しい時間を過ごしました。
その後、仕事終わりの義息子が帰ってきましたので、ちかっぱ食事をしながら、オンライン町内会の話や、インフラ整備の件を相談させて頂きました。勉強することがたくさんあるなーーと。。

そして入浴。
お風呂から上がってくると、孫が躍っています。
チアダンを観ながら踊っているんです。
踊りが大好きな子でして、音楽がかかると身体が動きます。
昨夜も、小さな身体をぜーーんぶ使って踊っています。
その顔は(^^)/です。

その姿を見ていたら、MIKI・ファニットの太刀山代表に見て頂きたくて、ビデオ撮影からのラインで贈りました。
ジジバカです。

元氣を貰います。

私たち家族に
無くてはならない存在です。この孫が、皆を1つに繋ぎました。
素晴らしい力があります。
私には無理です。

どうしてこんなに素晴らしい力があるんだろう?
何がそうさせているんだろう?

私の中で その一番の要素だと思うのは、無邪気な笑顔です。
その笑顔が
皆の心を優しくし、皆を繋いでいるんです。
すごいですね。

この子にこんな力があるんです。

そう思うと、やはり
老人だけ.. とか
〇〇だけという社会や生活環境には無理があるんではないでしょうか?

そろそろ
むかしあった三世代での暮らしに戻るべきではないでしょうか?

今回の新型コロナウィルスがもたらしているモノの1つとして、テレワークの推進がありました。
そして、オンライン〇〇があります。
これをやってみると、
なんだ、意外といいじゃん。
そんな感じで、この普及が進みそうな予感がするんです。
そうなると
暮らす場所
暮らす地域
そういう選択肢も広がり、その三世代暮らしが可能になるのではないか?と思うんです。

血のつながりの三世代。
地域で三世代。

いづれも可能になってきます。

家族の在り方がとても重要になるなか、真剣に考える時が来たように思います。

Filed under: スタッフ日記 — admin 6:56 AM  Comments (0)

いま

おはようございます。
令和2年5月22日金曜日の朝を迎えました。
今日は妻の誕生日です。
34年前の今日、付き合い始めましたので思い返せば長いこと一緒にいるんですね。
そんな時間が経っているんだな・・・ と思います。

今朝は、なかなかパソコンが立ち上がりませんで、10分位の時間を要しました。
そこで、その時間、日本講演新聞を読んでいたのです。
すると書家の金澤翔子さんのお母さんが翔子さんについて講演をした時の記事が載っていました。
とっても大切な事が書かれていましたので掲載したいと思います。

ダウン症の翔子さん。
翔子さんの書をみて感動し、手紙を贈ってきて下さる人が後を絶たないそうです。
ある時は、
『僕はずーと死にたいと思っていました。けれど翔子さんの書を見て、もう一度人生をやり直そうと思いました』
という内容の手紙がきたそうです。
お母さんの泰子さんは
『なぜ翔子の書にそんな力があるんだろう? 翔子の書が人を救う事ができるなんて・・』
そう思われ、翔子さんを改めて見つめ直したそうです。

翔子さんはあまり外にでることがなく
友達があまりいない。
一人っ子である。
試験や競争と無縁の世界で生きてきた。
だから人と争ったり、人をうらやんだりする心が育たなかった。

翔子さんが考えられる未来は、明日のお昼ご飯まで。
過去もほとんど振り返ることができないそうです。
だから
ずーーと先の未来を見つめたり、それにより不安になったりとか過去を悔んだり・・とかがなく、
『今』だけを生きているそうです。

いま だけを。

100% 今 の時間を生きているので、100%の想いを書に投入できているんだそうです。

ここ、ポイントだと思います。

私の経験から言うと、私が崩れるパターンは、未来や過去を思い煩うところから始まります。
以前は、ここの軌道修正がなかなかできませんでした。
いろんな修行を重ねながら、今は少し軌道修正ができる様にはなってきました。

今に集中し、今に自分の想いを込めて全力投球できるか.. ここ、ポイントだと思うんです。

いま 心に感じているその想いを 素直に 氣持ちを込めて 表現できるか..

ここ、大きなポイントだと思います。

パソコンが約10分ほど立ち上がりませんでした。
その間に観たこの記事。
ここをみなさい。
いまのあなたに
このポイントが必要よ!

そう修正して頂いた様に思います。

導きに感謝をして
今日も
いまに心を込めて生きます。

ありがとうございます(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:01 AM  Comments (0)

森内平さん。

おはようございます。
令和2年5月21日木曜日の朝を迎えました。さむーーーい。。

昨日、栄光会広報誌である「手と目と」の
志免町人物列伝『あの人に逢いたかった』に登場してくれた
『森内平』さんの文章を起こしていました。

昨日は、夏大が中止発表された日。
より森内さんの魂からの言葉が入ってきます。

『逆境創人 順境滅人』
これが森内さんの座右の銘です。

野球少年であった森内さん。
しかし順風満帆ではありませんでした。
昭和10年生まれの御年84歳。今月で85歳になられます。
小学生時代には、第二次世界大戦もあり、戦中戦後、モノの無い時代のなかで、幾多の試練が襲ってくる環境の中でも負けてなるモノか!の精神で前に進みます。
そんな経験を重ねていく中でいつしか身に着いてきた言葉が『逆境創人 順境滅人』だったのです。

森内さんは言います。
『子供達には、スポーツでも文化でもなんでもいい。何か1つ、これをやる!と決めて行って欲しいんです。すると、自分の思う通りにことが運ばない。想い通りにならないことを嫌というほど学ぶでしょう。その時、そのことから逃げるのか? 負けてなるモノか!と乗り越えていくのか..ここを学んで欲しい。努力して乗り越えて欲しいと思うんです。前向きに前向きに生きる。そういう人生にして欲しいんです。』

『その過程で子供達は時に涙を流す時があります。そう懸命に努力してもなかなか結果がでない。そういう事も多々ある。その時に見せる子供達の涙は尊い。ありがたいと思うんです。そっと背中をさわり、がんばれよ.. がんばれよ.. と伝えたいと思うんです。』

そう語る森内さんの目頭が
いつの間にか赤みを帯びていました。

その愛をしっかり感じるワンシーンでした。

自分の思う様にならない。
しかしそこからは逃げない。
何としてもやり遂げる。
負けない!絶対負けない!

そんな経験を多く積み重ねてきた人は、当たり前が何と幸せなのか.. 当たり前の事に心から感謝できる.. 懸命に努力をしている人の氣がわかる.. 等々のこともお話しして下さいました。

だから、こういう支えが必要だろうな..

と、そっとサポートができる人になっていくんだという事を教えて頂きました。

それが指導をさせて頂くモノが持つべき在り方の1つではないかと。

こういう人が、この地域に.. この県に.. この日本に多く多くいらっしゃるんだろうと思います。

その方々に共通した一を吸収したい。
そして、次代を担う私たちは、それを授けて下さる先輩方の託したぞ!の想いに報いたい。必ずその恩に報いる!

そこに私たちの経験を乗せて、その次の次代を担う人たちに繋げて行きたい。そう思っています。

笑老ライフに生きるとは、そういう事なのではないでしょうか?

今日も努力を怠りません。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:11 AM  Comments (0)

スッキリ(^^)/

おはようございます。
令和2年5月20日水曜日の朝を迎えました。
肌寒い朝です。
風邪に気を付けましょう。

昨日、山崎事務局長からラインメッセージがやってきました(^^)/

皆さま、6月よりホッ..とサロンを再開致します。
そしてその6月ですが、植木理美理事長が登場します。
皆さんと共に、これからを笑老ライフに生きましょう(^^)/ と熱く厚く語り合う時間にしたいと思っています。

当日は、3密を避ける為、参加人数を限定させて頂きます。ただ、後日、ここでの内容を、会員さん限定で動画配信させて頂く予定にしています。ライブで参加をご希望される方は、たぶん先着順になると思いますので、お早めにお申し込み下さいませ。

良かったーー(^^♪ 
このままズーーーと開催できなくなるのでは.. そんな気さえしていましたから..

話は変わりますが..

昨日は特に家に帰るのが楽しみでした。
それはそれは..
庭木の剪定を宇美町のシルバー人材センターにお願いをしていまして、どんな塩梅にあっているのか・・ それが楽しみで楽しみで仕方ありませんでした。

毎年剪定をして頂いていた〇〇さんが昨年廃業をした為、昨年は自分で行いました。
しかし出来栄えがどうも気に入りません。特に妻はそうでした。
やっぱり頼もう。
という事で、〇〇さんにご紹介をして頂いた方に電話をするも現在使われておりません。になります。

そこでシルバー人材さんに連絡。
すると今までより安い金額でして頂けるとのこと..
出来栄えがどうか?
と一抹の不安を持ちながら家に帰りました。

坂の下からゆっくり上がっていき我が家の庭が見えた瞬間..
やったーーーー(^^)/ とガッツポーズ(^^)/

スッキリ
サッパリ
とってもバランスよくやってくれていました(^^♪
ワーイ
ワーイ(^^)/

あのモッサリした庭から大変身を遂げました(^^)/
嬉しいです。

私は、日曜大工とか 庭木の剪定とかが下手くそなんです。
もう1つ言えば、デジタル系や電気系統も苦手です。
が、それを克服したいと思いますし、それができる男になりたいとおもっとるんです。

先日行った
ドライブスルーin志免@医療介護施設かめやま
では、運営計画責任者のめぐみさんから鍛えて頂き、いくつかの事が出来る様になりました。
これも
チョーー嬉しいんです。

何でもできるようになりたい。
全部自分でやるとかではなく、自分で何でもできるようになっていないと、人にも頼めませんので、そうありたいと思うんです。
だから苦手意識はありものの、チャレンジをし、できる様になりたいと思います。

次は日曜大工の仕事が待っています。
苦手ですが、チャレンジし、「お父さん、カッコイイ(^^)/」と妻に言われたい。

では今日も1日笑顔で過ごしましょう(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 6:55 AM  Comments (0)

いくぞ!

おはようございます。
令和2年5月19日火曜日の朝を迎えました。
爽やかな五月晴れです(^^)/

10日、17日と行ってきました
ドライブスルーin志免@医療介護施設かめやま
が終わりました。

「飲食関係者は5月が山だ!」
そういう状況を何となくみんなが感じていました。
その中で、KBCラジオから流れてくる「ドライブスルー」のお話に、
「これ、志免町でもやった方がいい」
そう想い、田中肉屋の田中大将へ連絡。

速攻
動かれました。
その際、公的関係者で協力する!という方はいませんでした。

そして田中大将チームの
「チーム田中屋」の方々と、私たち社会医療法人栄光会の3人の合わせて15名くらいで行ったんです。

当日、もの凄いお客様でした。
想定外の状況に現場は大混乱。
お客様にこっぴどく叱られたそうです。

良かれと思ってやったことが..

そして17日。
幾多の反省点を克服する為、牧元めぐみさんや本垣内先生を中心に仕組みを創って行きました。
予約システムを入れたり、ボランチィアさんの数を増やす為に呼びかけたり..
すると、10日にお客様でお見えになって頂いた方や、インスタグラムでこの事を知った方が、私にも手伝わせてください!と、多くの援軍を得て行う事ができました。
結果、今回も上手くいかない事もあったようですが、事故もなく終える事ができました。

2日間で多くのお客様にご支援を頂き、飲食店を経営されている皆さまに対し、少しでもの支援になったと思います。
また、この2日のお陰で、オール志免でこの支援を行っている感があり、これぞ支え合いだ!と

私たち「NPO法人志免地域支え合い互助基金」が目指す姿を体現した内容だったと思いました。

こうやって創っていくんだな!

そのつくりかたの益すを頂いきました。

志免町は、個人事業主の多い地域です。
人口密度当たりの個人事業主比率は、日本でも有数ではないでしょうか?
だから
なかなか1つにまとまりにくい街だと言われていました。

それが..

やっぱり
まとまるんです。
愛があるから。
個人事業主が多いという事は、立志のある人が多い。
それゆえ、愛のある人が多いと踏みました。
その愛も
「相手の困った事に対し、自分や自分の周りの長所をもって関わる」という愛を持つ人が多い。
私は各活動チームのリーダーを取材させて頂き、そう感じていました。

よって、この未曽有の一大事に、まとまる事ができたんだと思います。

この一大事は、多くの人が力を合わせないと押し流されてしまいます。

その礎が出来た事を
とても嬉しく思います。

このボランチィアを行っている時の皆さんの表情は良かったですよ。
キリッ..とした眼差しに
ホッコリした笑顔(^^♪
そして
ありがとうございました(^^)/
の感謝の氣持ち。

どれも
これも
心地よいふるさとの場でした。

この感動を胸に
今日からまた歩みます。

Filed under: スタッフ日記 — admin 6:59 AM  Comments (0)

森内平さん。

おはようございます。
令和2年5月16日土曜日の朝を迎えました。
大雨になっています。
明日..
どうぞ曇りますように..

目的実現
目標達成
のために.. いろんな事を同時進行しているのですが、その中の1つに「取材能力を上げる」「その人が伝えようとしている核心を掴み取り、それをどう後世に伝えていくか?その方のご家族に伝えていくか?」の能力を高めることがあります。

今日、私が担当をさせて頂いている栄光会広報誌「手と目と」の中に、志免町人物列伝「この人に逢いたかった」があります。
今回、インタビューをお願いしたのは、前志免町社会福祉協議会 会長の森内平さんです。

志免町の方々と行う活動のなかに
「2025年超高齢社会を考える会」があります。
ここでは、私が言い出しっぺで「自助である終活講座」のしめ活を行っています。
その1年目、夏の頃に、これらの活動をPRする目的もあり、当時会長を務めていた森内さんに
「我が人生に悔いはなし」と題して講演をして頂くお願いをしました。
すると
俺の人生は悔いばかりじゃ!
という事で、「我が人生に悔いは多あり」というタイトルで講演をお願いしたんです。

当日、約80名の方が集まり、森内さんのお話を楽しみにされていました。

私たちの会の宣伝になると踏んでいたのです。

そして講演が始まります。

当時、80歳くらいだったのですが、約90分の時間で小学生時代の話まで行き、ディレクターの宮本さんに巻かれてお話が終わりました(^^♪
もう、伝えたいことがいっぱいあるんです。

今回は、次代を担う子供達に向けてメッセージをください!とお願いしての取材です。
私の取材能力が試されますし、編集能力も試されます。

何としても、よく仕上げたいと思います。

私がなぜこういう事をしているかと言いますと
私は、みなさんに「幸せな人生最期」を過ごして頂きたいと思っています。
家族関係が壊れたまま..
子供達とわだかまりを持ったまま..
あの人に謝りたい..

いろんな想いを抱えながら、人生の最終盤に向かう方もいらっしゃいます。
そこで私がやるべきことは、良き介在者役になり、関係修復のお手伝いをさせて頂きたいと思っています。
その為には、その方々の人生歴を知る必要がありますし、その方を伝える必要もあります。
一方、相手の方に対し取材をさせて頂き、相手の方の気持ちをお伝えする役割もあります。

そういうわだかまり等を取り払い、心が通ったなかで迎える最終盤の場面を創りたいと思っています。

そして皆さんに
幸せな人生最期を迎えて欲しい。
そう思っています。

私にもいます。
あの方に謝りたい。
子供達にどうしても伝えておきたい。
妻に心から感謝していることを伝えたい。

これは誰にもあるのではないでしょうか?

ここのお手伝いができるようにしたいんです。

医療・看護等、いろんな方々と連携をしながら その方の幸せな人生最期のために..
家族が、天命を全うする為に前向きに生きれるために..

そのお役に立ちたいと念願しています。

この想いは、私の父が栄光病院のホスピスでお世話になった時に湧き出た想いです。
その想いは、当時の主治医である下稲葉康之先生が書かれた栄光会フィロソフィーの中にも書かれ、私たちの理念にもなっています。

自分の中で湧き出た想いと、職場の理念が一緒である幸せはなんとも爽快です。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:03 AM  Comments (0)

底力

おはようございます。
令和2年5月15日金曜日の朝を迎えました。
今日は雨かな・・

昨日の朝から、膝を痛めていた義母が退院できることになり、退院のヘルプの為に妻が実家に戻りました。
無事に退院をして一息ついた後、畑に行って、野菜の収穫等にいく予定でした。

さあ、畑に行こうか(^^♪

そんな会話をしたのち畑に行ってみると
なんと.. なんと..
畑がきれいになっている..
野菜は? 
泥棒か?

嫌な予感を持ちながら家に帰る2人。
納屋に行ってみると、
なんと
なんと
畑にあったはずの野菜がいっぱい並べてあったとのこと..

もしかして..

と思い、心当たりのあるお家に連絡を入れたところ..

午前中にキレイにしといたよ(^^♪ と。。

困っている時はお互い様やけんが そげん言わんちゃいいんよ。

と言ってくれたそうです。

実家で1人暮らしの義母。

いつも 地域の皆さんと仲良くさせて頂き、率先して皆の為に何かをやったり、周りを盛り上げたりと、いつも元気に笑顔で暮らしているそうなんです。そんなお母さんにお世話になっているという気持ちやがんばっているとの評価を周囲の方々がして下さり、今回、この様なありがたい事をして下さったようです。

子供である私たちとして
とってもありがたく思います。

その話をしているうちに
何だか鼻声になってきた妻。
感動して涙ぐんでいました。

日本の各地には、この様な支え合いがあります。
そして
この支え合いを
ありがたい(^^♪ という気持ちで 今度は自分達が..
となり、支え合いの氣の繋がりが太くなっていきます。
決して義務ではありません。
自発的な氣です。

連日
お伝えしていますように、志免町ではこの17日日曜日に
第2回 ドライブスルーin志免@医療介護施設かめやま が行われます。

先週の金曜日に田中清昭さんが立ち上がり、10日で2回目をやるとはもの凄い。
運営に関わるみんなは全員ボランティアです。
私たちもそうです。

先週は雨に濡れながらも
みんな
文句1つ言わず
怒られながらも
みんなの為に
一所懸命にやりました。

そして2回目です。
一回目より多くのボランティアさんが集まっています。

この現象は何でしょう?

中には文句をたくさんいう人がいるそうです。
リーダーの田中清昭さんが人間不信になるかも.. という言葉を珍しくいう位のこともあったり..

でもやろうとするんです。

いったいなぜ?

私には 愛 としか思えません。

そして 今まで一所懸命に働いて 働いて 皆さんに喜びを与えてきた志免町の各お店が、コロナウィルスの影響によりなくなる可能性がある事に対し、絶対そんなことはさせない。何とかしてみんなで力を合わせてふんばろう!というその一点しかないんです。

その 愛 がすべて。
その想いに共感し、微力ながら.. とボランティアを申し出てこられる方が後を絶たないんだと思います。

いま、準備の為に めぐみさんは 徹夜をしました。

あさ4時からラインが鳴っています。

この力に感謝し、この国に 支え合い というこの力・エネルギー・底力があることに
オーーーーーー
と雄たけびをあげたい氣持ちです。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:06 AM  Comments (0)

お家が喜ぶから(^^♪

おはようございます。
令和2年5月14日木曜日の朝を迎えました。
今朝も、良く晴れていますが、この時期らしい気温でとっても爽やかです。
今日もよろしくお願いします。

今日、福岡は新型コロナによる緊急事態が解除され、今から緩やかに社会活動が行われてきます。

そんな社会状況ですが、飲食店を経営されている方や私たちも含め多くの事業者の経営状況が逼迫しています。
この状況を何とか乗り越えないと!
そんな想いの中、
先日の日曜日、弾丸でドライブスルーin志免を行いました。
そして今週の日曜、再び、ドライブスルーinオール志免を行います。

今回は、オール志免という状況になってきました。
これは凄い勢いです。

そのけん引役である田中清昭さん・牧元めぐみさんが毎日毎日頑張って下さいます。
皆の為に身を粉何してがんばって下さいます。
熱い血潮がフツフツとたぎっている状況です。がんばります。

それとは別に、いろんなことをしているのですが、そのなかの1つ。
今回、生活支援事業を立ち上げる財部美佐子さん。
NPO法人ウェルフェアーだんだんの理事長です。
この4月より、渡邉明さんが、ご自身が長年地域の皆様の為に行ってきた生活支援サービスを、後継者育成の意味を込めて財部美佐子さんに伝授するようになりました。コロナ渦の為になかなか動き出せなかったのですが、いよいよ動き出します。

そこで昨日の夕方から急遽、電話会議。
そこで、今後の計画を練り、私の方で計画書にします。

その話のなかで、財部隊長からすごいプレゼントを頂きました。

財部さんは、「デイホーム たから」を経営されています。古民家を改造し、認知症の方がお見えになる小規模なデイサービスです。
そこに隣町で暮らす男性の利用者さんがお見えになっています。
その方は、いつも家に帰らんば・・ と言ってデイサービスから出ようとされます。
それを財部さんは本人の氣の収まる様にします。その方と一緒にデイサービスを出るのです。
そしてその方といろんな話をし、ある場所まで行って引き返す。を繰り返しやります。

そんなお付き合いの中、だんだんと心と心が通じ合ってきたのです。

昨日、財部さんが、その方に遂に質問をされました。
「〇〇さんは、どうしてそんなにお家に帰りたがるのですか?」
そしたら
「家に帰るとお家が喜ぶからね(^^♪」
と言われたそうなんです。

ハートにぎゅん!! 突き刺さります。

財部隊長はいつも仰います。

「認知症の方は、こちらの関わり方1つで変わります。」

まさにそうでした。

私もこの男性利用者さんにお会いしたことがありますが、大きくて、力強くて、自分をしっかり持っていて.. 認知症の方に観えませんが、コミュニケーションをとるのが難しそうな方に観えました。

しかし
この方とお付き合いすると決め、しっかりその方をみて、受け入れて、伝える。
その積み重ねが、

「お家が喜ぶから(^^♪」

を引き出したんです。 

やっぱ、ちかっぱ応援しよう! ちかっぱ弟子になろう!

そう心が言いました。

人と人のコミュニケーションの師匠です。

下稲葉康之先生と出会ってから24年。

コミュニケーションのプロだと思いました。
今、ここに師匠と思える方と出会えました。

ありがたい ありがたい。 私は幸せです。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:05 AM  Comments (0)

ちかっぱ 木下レオンさん。

おはようございます。
令和2年5月13日水曜日の朝を迎えました。
今朝の気候は、本来のこの時期らしい爽やかな感じです。
心地よい風が吹いていて、静かで穏やかな朝を迎えています。

今宵は、いまはまっている「占ってもいいですか?」があります。
占いって興味があります。
これを通じて、人が幸せな方向に向かうような気がしています。
良い事も.. 直した方がよいことも.. ストレートに話してくれる。

自分で自分を変えようという意識がある場合、生きる上で必要なことを.. 自分が見失っていたことを意識し、素直に前を向いて生きていく事ができるきっかけになるような氣がします。

この番組にでる木下レオンさん。
博多の人の様で、「ちかっぱ」という言葉をよく言います。
彼の話し方や言葉を聴いていると、友人の薙野君を想い出します。特に若かりし頃の薙野君を。
彼もよく「ちかっぱ」という言葉を使っていました。

今日も ちかっぱ がでるかな・・(^^♪

この番組を観ながら、最近の自分はどうかな? と自己観察をするんです。客観的に。

好きな自分かな? それとも嫌な自分かな? と..

その答えは、こうなったらいいな・・ という自分にすこーーしばっか近づいているような気がしとります。
結果がでる
アイデアがでる
そんなことが増えている様な気がします。

それって
自分自身が一体化してきているのかな?
心と身体が一体化してきているのかな?

私の場合、そこに開きがありました。
それをちかっぱ指摘をしてもらったとです。

それからでしょうか..

「鷹尾さん、毎日〇〇をしてください」
とアドバイスを頂き、それを行い始めてもう7年位になります。
その事を行ってきて感じるのは、心と身体の開きがなくなり、0ポイントの地点に立てるという事でした。

朝起きてきて、心と身体に開きがあります。
例えば、もう少し寝たい でも起きないと.. と相反する想いと行動があります。
その開きが、それをしているとなくなるんです。

そして0ポイント地点からスタートがきれる。

今日なんか、
それを行っている最中に
妙案が出てくるんです。
心がワクワクするような妙案が..

空の中で紡がれた縁に素直に向き合い、その縁から頂いたアドバイスを素直に聴く。
そして、自分の心に素直に従い行動する。

必要な工程だと思います。

さあ、今宵、木下レオンさんは何を話すか?
こうご期待(^^)/

ちかっぱ 言ってね(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 6:59 AM  Comments (0)

即・感・動

おはようございます。
令和2年5月12日火曜日の朝を迎えました。
ひんやりと快晴の朝です。

日曜日の話から昨日までのことについて書きたいと思います。

このブログでも書きましたが、
金曜日の朝、利用者さんをお迎えにあがる送迎車でKBCラジオを聴いていました。
すると田主丸で行っている弁当のドライブスルーの話題を扱っていて、パーソナリチィーの小林さんが絶賛されていました。
私はピンと来てなかったのですが、小林さんがあまりにも褒める企画だったので良いかもと思いつつ、マックのドライブスルーにあれだけの車が並ぶんだから弁当でもそうかもね..と想い、送迎終了後の田中さんに連絡しました。

結果、マックのドライブスルーみたいなやり方や田主丸の様なやり方ではなく、手間のかかるやり方でスタートをしたんです。

私の予想をはるかに超えた数の車が押し寄せてきました。
この施設始まって以来、初の大記録になる車が押し寄せ、約1時間で完売でした。
交通事故が起きなくて良かったと、心をなでおろしていました。

その夜..
ラインで反省会をし、良かった点、いろんな人から怒られた事..等々、良かれと思ってやったことが.. の悔しさと、改善すべき点を冷静に洗い出し、何とかもう一度やりたいね..という事で終わりました。

そして昨日、代表の田中さんが関係各所を周り、昨日はすみませんでした。。

と顔を出して周ったそうです。

すると、この話をした際や、当日も文句を言い、関わらないと言っていた町の関係各所の責任者が
コロッ..と変わり、前向きな捉え方になっていたということ。
〇〇を使いなさい。
と願ってもない場所を使ってい良いとの許可も出して下さったそうです。

飲食店は、この5月が経営の分かれ道。
だと言われているのを聴きました。

何ができるだろうか?

いつもそんなことを考えていました。

今回、きっかけはKBCラジオでした。
そして私は田中さんに呟く。
田中さんはやる!と決める。
そして仲間に声かけをする。
その血液の様な役目をめぐみさんが果たす。
そして日頃からの田中さんへの信頼やお世話になっていると感じている人達が当日ボランティアで参加する。
MIKIファニットの太刀山代表も最後までボランチィアをして下さいました。
私たち栄光会は、場所をお貸しし、各種印刷を行い、交通整理を行い..
皆で手分けをしながら即興で作ったドライブスルーを経験したんです。

とっても学び多し時間です。

私の師の1人であるネクステップの真砂社長が仰っていました。
「即・感・動」

今回は、まさにそれを学びました。
ここに関わる人みんなが、「即・感・動」でした。

今年は、このことを学んでいる氣がします。

2月にホークスのキャンプを観に行きました。

ここも
Aさんから
「思い立ったが吉日」
と言われ、腹が決まりました。
いま思えば、行って良かった(^^♪

まさに
その時がきたよ!という知らせが来たように思っています。

数年
学んできた
見守り支援センター構想。
これを実現させる時が来たように思っています。

さあ、今日もがんばろう!

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:12 AM  Comments (0)