ついに 身近でおきてしまいました。

おはようございます。
令和元年6月5日水曜日の朝を迎えました。

昨日の夕方、福岡市は早良区で大きな交通事故が起きました。
80代のドライバーが逆走した事故だという事。
その車を運転し、同乗していたと思われる80代の男性と70代の女性が亡くなったそうです。
現場の状況をテレビでみると、すごい状況でした。

感覚的に言いますと、毎日、こういう事故が起きている感覚です。

後を絶たない。どうしたらいいでしょう?

笑老ライフ研究所でも、会員の皆さまに対し、この問題について問題提起を行いました。
どうしたらこういう事故がなくなるか?

本質を言えば、本人さんの意識が変わらないと変わらない。
東京で起きた事故の結果、免許を返納した方が増えたという記事を読みました。
意識が変わった人が増えたのです。

人のふりをみて、我がふりを直せ。

そういう言葉があります。

私も以前、インテリジェンス勉強会を、竹内日祥お上人の教えてで行っていました。
悠愛グループも、今は、木鶏の勉強会をしているようです。

これは、ここに参加する人は、みんな横並びです。上司部下は関係ありません。1人の人間として参加します。
そして、失敗をテーマにし、みんなが自分の失敗を発表し、そこから学んだ事についてシェアしていきます。
そこに参加した人は、その人になってその失敗を自分だったら・・ と考えるんです。

すると、他人の失敗が自分の智慧になる。そして、相手の方の事も理解が出来る様になるし、他人ごとではない事がわかってくるんです。

そういう事をしてきているので、こういう事故も他人ごとではなく、いつ自分が・・ と思うので、どうにかして・・ と思うんです。

我が家の場合、私は母に対して、車の免許とキーを渡して欲しいと懇願した事がありました。

その当時の母の生活を考えると、車に乗らなくなると
1 買い物をするのに、20分も歩いていかねばならない。往復40分かかる。
2 交友範囲が極端に狭くなり、ひきこもる様な状況になる可能性がある。
3 認知症が進む可能性がある。
そういう事をイメージしました。

しかし、今まで一所懸命生きてきて、いろんな人のお役に立ってきた母が、車に乗っていて万が一事故をおこした場合、今までの人生を汚すことになる。晩節を汚させていいのか? 

そうイメージすると、自分が心を鬼にして・・ そう思いました。
それと同時に、もし自分が母の様な状況になり、子供から同じように言われた時、腹を決めて子供の言う通りにする事を覚悟しました。

そして母に説得をしたのです。

しかしうてあって貰えません。出直してこい!という感じでした。

そこで師匠の財部美佐子さんに相談します。

すると 一言
『ごちゃごちゃ説得するな! 納得をしてもらわなくてどうする! 土下座をしてお願いしなさい。腹を痛めて産んだ長男でしょう?可愛くてしかたないと思うよ。その可愛い長男が、自分の為を想って、土下座までしてお願いをしてくれているのだから、納得して聞き入れてくれると思いますよ(^^♪』

そう言って下さったのです。そしてその後すぐに母のところに行き
師匠から教えて頂いた心のこもった金言通リ行いました。ひたすらに行いました。
すると鍵を出してくれたのです。免許書も・・

通じた! やった!通じた!(^^)/ 

良かった(^^♪ と安堵しました。

その後の1ヶ月、毎日10回ほど連絡があり、鍵をかえせーーー! と言われましたが・・

でもよかった。本当によかった。
その後の母は、よく歩く様になり、そのお陰で、今も体は元氣です。歩く事に抵抗がないんです。

この運転の問題、これは各家庭での大きな問題です。
それぞれの家庭でよく話をされた方が良いと思います。

ご両親の晩節を汚さないであげて欲しい。そう思います。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:11 AM  Comments (0)

事務局ミーティングより

おはようございます。
令和元年6月4日火曜日の朝を迎えました。
今日は、太刀山美樹さんが経営するMIKI・ファニット主催のグランチア体験会の日になります。
社会福祉法人栄光会が経営する特別養護老人ホームこころ内にある地域交流室を、7月から太刀山さんにお貸ししまして、そこの場でグランチアを行います。応援団です。
今日の体験会にどれくらいの人が集まって来るか? とっても楽しみです。口コミでどれくらいになるのか? この企画のエネルギー力を知る良い機会です。

さてさて、昨夜は笑老ライフ研究所の事務局ミーティングでした。
先月行った大平美和さんによる旅のことばを使って行ったホッ..とサロンで、Nさんが
『鷹尾さん、考え方が変わりました。感動しました。私のブログに書いても良いですか?』とのアクションを頂きました。
認知症 や 介護 や 老いる という事に対する考え方が変わった。それもみんなとお話をする事で..
これは凄い! そう感じました。

私達は、笑老ライフ を伝える事に四苦八苦しています。
それをどうしたら伝わるか? を考えているのは私1人だけかもしれません。
いつも、どうしたら伝わるだろう?
そう思っていました。

しかし、今回のNさんからのコメントに 『瞬時にして変わるんだ。という事は、瞬時にして伝わるんだ!』そう思ったんです。
Nさんは40代。
これを契機に、伝え方をデザインする。という考え方で考える必要があると思いました。

私達の事務局の中にも、いろんな考え方があります。
70代になるH氏。
60代になるY氏。
50代の私。
40代のT氏。
30代のI氏。
それと、このメンバーはみんな男性です。

このメンバー構成は、社会の縮図の一部。ほんと僅かな1部です。
この僅かな1部が話し合って考え、世間に提案をするんです。
それはそれは反応は小さい。
笑老ライフは、もっといろんな方々が既におくっており、それを研究するのが私達のミッションです。
未だここが共有できていない様に昨日は感じました。
段々と共有できてきている感もあるんですが、まだまだの感もあり、昨日の感動度は60%。
もっともっと、メンバーの皆の考え方を知り、伝えるという相互の互、がっちり組み合う様にやっていきたいと思います。

多様な価値観があるこの社会。
笑老ライフ研究所で笑老ライフを研究する私は それを受け入れる自分でありたいと思っています。
なぜなら.. みんな使命を持って生まれてきているからです。
何らかのお役目をもって生まれてきているからです。
互いに影響しあう。
これがないと 私達は成長しない。
そう思うからです。

さ~て 今日も楽しく生きますね(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:14 AM  Comments (0)

伝える事。

おはようございます。
令和元年6月3日月曜日の朝を迎えました。

昨日のラブアース宇美で熱中症になりかけて以来、何だか体調が悪く、遅い時間になりました。
いつもの通り、5時におきようと想ったのですが、おきれず1時間後の6時にしました。
体調を戻していきたいと思います。

昨日、そういう事で、ズーーと家にいました。
横になっていたんです。
昼寝してはおきて・・ 昼寝してはおきて・・ の1日でした。

そういう時間を過ごしている中、外から女の人が泣きながら話している声が聴こえてきます。
最初は夢かな? と思いました。が、どうやら現実です。
その声が聞こえる方に近づくと、何やら夫婦でもめているんです。
夫が妻を問い詰めている。
妻が浮気をしたんではないか?と疑っている様でした。
妻は、そんな事はしていない。と泣きながら夫に訴えています。
我が家に声が聞こえるくらいだから、もしかしたら子供達にも聞こえているんではないだろうか? と心配になります。

ラブアースでは夫婦仲良く草取りにきていたのですが、わからないものですね。

夜、我が家の妻が仕事から帰って来て、その話をするとこういいました。
『私はその逆を聴いた事あるよ。なんで私に相談せんと! と妻が夫をせめてたよ。まあ、仲がいいんじゃないの(^^♪』って。

喧嘩をする程仲がいい。

そう言いますよね。私も全く同感です。
仲がいいんだろうと..

夫婦が話し合って、互いに感じた疑念を伝えあってその疑念を解消する。
切り替える。
これって大事ですよね。
それを伝え合い、解消し、切り替える。それを行わないといつか危ない事になります。
伝える事は難しいですが、そこは何とかして解って貰える努力をしないといかんよね。って思います。
これは自分に言っています。。

どう伝えるか?

今、いろんな事で、それを考えさせられています。。

Filed under: スタッフ日記 — admin 8:16 AM  Comments (0)

6月スタート!

おはようございます。
令和元年6月1日土曜日の朝を迎えました。
今日は、何となくの感覚ですが、滑り出しが良いような氣がしています。

いよいよ6月に入り、時間のなさを感じています。
そんな中、昨夜のFacebookでIさんが投稿をしていた記事に氣が止まりました。

Iさん、ゴールデンウィークから暫くの間、寝こんだらしいんです。久しぶりに。
なぜこんなに長く寝こむことになったんだろう? と想い、自分自身と向き合ったそうです。
そこで出会った自分がこういう事を言っていたそうです。
『ゴールデンウィークは嫌だな。家族の三度三度の食事等お世話をせんばいかん。自分もしたい事があるのに.. 嫌だな.. いっそのこと病気になって寝こめばそれをしなくてもいいかも..』
と潜在意識が言っていたそうなんです。

そこで氣が付いたのは、
『私は、自分の価値観に囚われている。その価値観から自分を解放しよう。別に私が三度三度のお世話をする必要がないじゃん。と手放してみよう。これでもか.. これでもか..』
そう思って、ふりきることにしたそうです。

すると..

『なんだ、やっぱり自分で縛り過ぎていたんだ。』
そう思えるような展開に。
ご家族は、Iさんが何もしなくても何も言わない。むしろ、みんなでやる事で家族に和みがうまれたとか..

それともう1つ。
自分の時間が出来た事。本当にしたい事だけを行える時間ができた事。
とっても重要ですよね。

時間は、みんな平等に与えられています。
この使い方は、それぞれ..

何かに縛られていると、その価値観で動くから時間がない 時間がない と時間に縛られる感じになります。
しかし縛られずに手放すと 真に が視えてきて それだけを行うから集中して行う事ができるようになる。

時間の作り方は、自分の価値観と関係があると氣づきました。

それだからでしょうか、今朝は滑り出しがいいんです。集中できているように感じます。

では良い週末を(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 8:21 AM  Comments (0)

5月最終日。

おはようございます。
令和元年5月31日金曜日の朝を迎えました。
今日で5月が終わります。
今月の初めは、ゴールデンウィークの途中で、令和フィーバーでしたね。
あれから1月が経過し、また新たな月を迎えようとしています。
先日おきた川崎の殺傷事件。
あの事件で、社会はショックを受け、今、皆さんがいろんな事を考えているんだと思います。
犯人が死亡しているので、その動機や背景を掴むことが困難ですから、私達でこの問題の本質がどこにあるのかを見出す必要があり、その本質部分をこういう悲しい事件が二度と起こらないようにするには個人としてどうするか?を考える必要があると思っています。

私は、このブログで何度も書きましたように、やはり『自分軸』を掴む事と『レジリエンス力』を養う事がとても大事な様に思います。
しなやかに回復する力。

自分の軸を掴む為に何かを継続して行っている人はお分かりだと思いますが、自分のイメージ通リにその事が進むことはまずありません。
どちらかと言うと、想い通りにならない事の方が多いんです。
その時に、想い通りにならないから辞めるのか? それとも、切り替えて、切り替えて、その事をポジティブに受け止めてちょっとづつ変化をさせていきながら、少しでもイメージに近い方向に向けていくのか・・

スポーツでも同じです。
ミスをする事の方が多い。そのミスをした時に、それをどう受け止めるか? そして次にどうするか? ここが大事ですよね。
仕事でも同じです。

今、ここの力が弱いんではないでしょうか? そういう人が多くないですか? だから社会的にも.. ニュース番組を観ていても、そう思います。
最も現象として表れているのでは? と想うのは、お笑い芸人さんが活躍している事です。
私の中で、お笑い芸人さんは、そのレジリエンス力がある人だと思っています。
その方々が人氣があり、テレビによく出ている。いじられても跳ね返す。いじられても跳ね返す。
こんな力のある人がテレビの中心にいると思っています。
そういう方々に人氣が集中しているという事は、どことなく
『あの人たちのように強くなりたい』
という心理の写し鏡ではないかと思うんです。

今、自分に出来る事は、自分自身が『笑老ライフにいきる』事を強く決意し、その為には『レジリエンス力』を身につける精進を日々行いながら、自分の身の回りにいらっしゃる人と接する中で、波動していければと思います。

人口が減少する社会 日本。
いつの日か、笑老ライフ人が増え、少ない人数でも豊かな暮らしをしている社会になればいいですね。
その為には、自分がまずそうならなきゃ.. そう思っています。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:07 AM  Comments (0)

孫から学ぶ

おはようございます。
令和元年5月30日木曜日の朝を迎えました。

昨日は、久しぶりに孫と一緒に遊ぶの巻の1日。
いろんな発見をした1日となりました。

とにかく.. 成長著しいんです。
そしてそして.. 切り替えが速い。切り替えるのがとても速い。
これには感心します。

想う通りにならない事があった時、ぐずります。
自分の意志を一所懸命伝えようとします。
そして最後は、泣いて自分の意志を伝えようとします。
しかし、ダメなモノはダメなんです。という意思を持って伝えると
切り替えます。
これが速い。

感心します。

そして伝える時に孫が使う方法として、笑顔を織り交ぜてくるんです。
途中でニコッ..(^^♪と笑いながら伝えてくるんです。
これがたまらんのです。もうメロメロに..

そして昨日の最後、寝る時に、
『また遊びにおいでよ。いろんなところに遊びに行こうね。楽しみにしているからね(^^♪』
と語り掛けると、抱き着いてきました。
もうメロメロ。。

何でしょうか.. これは(^^♪

ここまで人を魅了する要素とは..

ここに全ての要素があるんでしょうね。
よ~く自分の氣持ちを確認しながら振り返ってみます。

今日も1日 笑顔で過ごしましょうね(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 9:53 AM  Comments (0)

デザイン

おはようございます。
令和元年5月28日火曜日の朝を迎えました。
今は小雨。昨日から恵みの雨でした。が、風が強かったですね。。
台風の様でした。

昨日の事です。
私がミサワホームでお世話になっている時のお施主様に浜地さんがいらっしゃいます。
その浜地家の長男に孝史君がいます。
彼とは、何か呼応するものがありました。
東京芸大を目指していた彼と一緒に長崎のアンデルセンにいった事もありました。
彼の夢を応援したい!そんな氣にさせる人です。

その孝史君。
今は、西日本工業大学のデザインの先生をしています。
介護とデザイン。
ここの必要性をと言いますか、関係性について、2人で模索をしていました。

私がたまに見るネットで情報集を観ていたら、ピン!とくるニュースがあったんです。
直ぐに写真を撮り孝史君へ。

そして1日に会う事になりました。

それは何かというと、
『老いをデザインする』
という事なんです。

私としては、
『笑老ライフをデザインする』
をテーマに展示会を催してみたい。

このブログで何度も書きましたが、笑老ライフをおくるには、レジリエンス力が必要になります。しなやかな回復力。
それを意識する上で、笑老ライフをモチーフにしたデザインが必要になると思います。

『介護』も 『老いる』も イメージ的にはあまりよくない。
『認知症』や『死』についても、同じ事が言えます。

特に『老いる』や『死』は必ずみんな経験をしますし、『介護』や『認知症』も、いつ・だれが経験するかわかりません。
そこのイメージが悪く、ネガティブに捉えるのは宇宙の法則に反すると思います。
ここは素直に受け入れる。
ではその為にどうしたらよいか?

ここでデザインの力が必要ではないか?
そう思ったんです。

私がデザインと言うと何だかおかしいんですが、この力を借りたいな~ と。。

孝史君と、楽しいひと時を過ごしてきたいと思います。

では
また報告します(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 6:58 AM  Comments (0)

つれづれ草

おはようございます。
令和元年5月27日月曜日の朝を迎えました。
今朝はくもり。
これくらいがちょうどいいです。贅沢言ってすみません。
昨日の北海道の氣温。ビックリしました。
あんな事もあるんだ・・ と思うと共に、確実に氣象傾向が変わってきている。地球に変化が出ていると実感するニュースでした。

それともう1つ。ビックリニュースが..

昨日の大相撲。
トランプさんが国技館で相撲観戦をするとあって、どんな状況になるのかを知りたくて、大相撲を観戦しました。
あんな光景を初めて見ました。
国技と言われるあの場が、いつものあの場を氣が違う。
いとも簡単にいつもと違うような氣になる事にある種の衝撃を受けました。

安倍首相が一所懸命、国民を代表してお付き合いをして下さっている事に感謝しながら拝見させて頂きました。
総理、ほんとうにありがとうございます。

表彰式でトランプ大統領が表彰状を読む時
『日本方式で読むのかな?』と思いました。が、そうではありませんでした。
あのあたりにトランプ大統領のゆえんがあるように思いました。

そんな日曜日。
アレルギー鼻炎で、鼻水・くしゃみに苦しみながらも夜勤明けの妻に変わり、家事を一通りすませ、車の清掃も行い、スッキリついでに散髪にも行き.. 足元の事をしっかり出来た事がよかったと思います。

今年に入り、人が変わったように家事をするようになりました。
出来る事が嬉しいんです。
特に、洗濯機の使い方をマスターしてからは洗濯関連が面白くなりました。

脳の若返り 光岡式脳若トレーニング では、脳を若返らせる3つのポイントを受講生の皆さまにお伝えします。
その中の1つに  新しいことにチャレンジする。 があります。

まさに、私が家事を行う様になってきたのも、この脳若トレーニングのおかげなんです。

ただ、チャンレンジし、想う様にいかないとしても、まあいっか・・ としなやかに回復するレジリエンス力が大事です。

これは笑老ライフに生きる事と相通じます。

皆さん、今日1つ 新しい事にチャレンジして見て下さい。なんでもいいと思います。

では(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:15 AM  Comments (0)

1つの成果

おはようございます。
令和元年5月25日土曜日の朝を迎えました。
連日の暑さ.. 皆さん、体調を崩していませんか?
今日も1日、笑顔で過ごしましょうね。

昨日、嬉しい連絡を頂きました。
23日のホッ..とサロンに出席をした
株式会社LHEメディカルコンサルティングの野々下みどり社長から連絡を頂きました。
『鷹尾さん、23日はありがとうございました。ところで、23日の事を、私が書いている(野々下さんが..)ブログに書かせて頂いても宜しいですか?』
『いいですよ(^^♪ 野々下さん23日にどんな感想を持たれましたか?』
『感動しました。実は・・・ という事で、介護について後ろ向きな考えをもっていたのです。しかし、皆さんとお話をしていくにつれて、そういう考え方もあるな・・ そう考えた方がいいな・・ そう思う様になり、そうだ、私は介護を快護として楽しくとらえよう(^^)/ そう思えてきて、認知症だから・・という事で特別構えるんではなく、自然体で臨もうと思ったものですからこの感動をブログでお伝えしたくて・・』という内容でした。

嬉しくて 嬉しくて 嬉しくて(^^♪

笑老ライフ研究所としては、どんな病気になっても笑老ライフに生きる。笑老ライフに生きる。
この事を提唱したいと思っています。
おの為には、素直さとレジリエンス力だと思ってきました。

今回、野々下さんのお話を伺っていると、まさにその要素があり、野々下さん自身が笑老ライフ人やん!と思えたんです。
お話をした内容を詳しくは書けませんが、ある事象に対し心が暗く暗闇に入っていたのが今回のホッ..とサロンで回復させた。という事になります。まさにレジリエンス力がある人だと思うんですね。

心が晴れて、前を向いて進もうと、エネルギー高く生きる姿勢に戻った事がとっても嬉しいいんです。
これで、野々下さんの周りにいる人も幸せな氣持ちで前向きに生きる事になるんだろうと思います。

笑老ライフが持つエネルギーは、その人やその人の周りにいる人も幸せにするエネルギーがあります。
現に、植木理事長のもとを訪ねてくる方は、元氣を貰っている帰る人が多いんではないでしょうか?
このエネルギーが笑老ライフにはあるんです。

今回の流れが続くような運営を今後も行っていきます。

皆さん、どうぞよろしくお願いします。

Filed under: スタッフ日記 — admin 8:27 AM  Comments (0)

嬉しかったきのう。。

おはようございます。
令和元年5月24日金曜日の朝を迎えました。
連日暑い日が続きます。
どうぞ、体調にはお氣をつけください。私も氣をつけます。

昨日..
関さん親子が久しぶりに私たちの施設にお見えになりました。半年ぶりの再会です。
かめやまクリニックに受診のため訪問されました。
久しぶりの再会に、関さんの目に涙が溜まっています。
それをみて私も・・

私は、毎朝、施設内に設置しているドトールの自販機でコーヒーを買います。
そこにいつも関さんが待っているんです。
そしてモーニングコミュニケーションをはかり、仕事部屋に向かいます。
その短時間が1つのリズムでした。

関さんがいなくなり3ヶ月。慣れませんでした。いつもいる人がいない。こんなに寂しい事はありません。
ようやく慣れかけてきた最近。
関さんの顔をみて安心しました。

関さん、今度は私が遊びにいきますから(^^)/

という再会の後、ホッ..とサロンの会場へ。
今回から
昼間・白金 で行うサロン。
内容も、ワークを中心にする予定です。

初回の昨日、自治会の方、医療介護の専門職、金融、建築、IT関連・・ 等、様々な方々がお見えになり、講師である大平美和さんをお迎えし、旅のことば を活用して認知症の方とコミュニケーションをはかりつつ、知る事・理解するを経験しました。

その中から、こんな街になればいいよね・・ が生まれてくるんだと思いまして、次回・次々回までこの講座を継続的に行いながら、認知症になっても暮らしやすい街をどうしたらできるかまでいければいいな・・ と思いました。

私は久留米にいく用事がありましたので、途中で退席をさせて頂きました。

きっと、盛り上がったと思います。

笑老ライフ研究所が提唱する 笑老ライフな生き方 を、この街づくりの軸に据えて街づくりができ、この街に暮らす人はなぜあんなに楽しそうに暮らしているんだろうか?となるはずです。
その小さな街が、いづれは拡がりをみせ、氣がついたら日本中がそこを目指すようになっているんだと想像すると、素晴らしいチャレンジをしているんだと思えてきます。

本質的な事を地道に行っていますので、あまり目立ちませんが、人生100年時代、自助時代の中で、どう生きる?を問われた時、笑老ライフに生きたい(^^)/ と、心から言う方が多くいればいいな~(^^♪ と思います。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:07 AM  Comments (0)