2018年に向けての展望・・2

おはようございます。
冬の朝という感じの12月19日火曜日です。

孫が泊りに来ています。
次女の夫が、出産に向けてと出産で頑張った次女の労をねぎらう為に、奮発してディナーに連れて行ってくれるとの事で孫を預かっています。
昨夜は、おじい・おばあ 共に、あまり見ない種の笑顔でいっぱい包まれた我が家でした。
たぶん妻は疲れ果てていると思います。。

エネルギーをたくさん貰った昨夜、グッスリ眠れました。
やはり寝る前に笑顔笑顔で笑う笑うを行って寝ると、グッスリ眠れます。
勿論、プラズマローゲンを飲んでです。
睡眠の質が違う。
九州大学の元村先生も仰ってましたが
『寝る時の環境は大事。こうしたら寝れる。は、自分で探すしかありません。そしてピタッとくる場合、こうしたら寝れる。と信じ込む。信じる者は救われる』と。。
自分で苦労して見つけたその事を信じるプラセボ効果をふる活用する事が大事な様です。

これ、他にも同じ事が言えると想っています。
このプラセボ効果。

2018年を展望する上で、この効果はエンジンとして貴重な役割を果たしてくれると想っています。しかしその前に確認しておくことが..

それは

『やろうとしている事に私心なしや?』
この追及です。

稲森和夫さんがこの事を仰っていました。

『やろうとしている事に私心なしや?』
自問自答しています。
が、これは私の中に自然と産まれた氣持ち。

そのこれは..は

『全ての人にホスピス・ターミナルケアを受けて、自分の大切な人と最後の挨拶ができ、笑顔の環境の中、みんなに見送られながらの幸せな人生最期をおくって欲しい』
という願いです。

その為に必要な要素と想っているのが、『笑老ライフ』という生き方です。
この考え方、この考えを活かした生き方が、私の想う願いの成就に繋がるのではないか?と想っています。

この2018年。
何としても1歩を踏み出したい。
『笑』を以て『創』と成す ~第2章~ 
を実行したいと想っています。
1人では出来ないのはわかっています。
でも1人が行動をしないと始まらない。
仲間と一緒に.. それが1人。。

その一歩を踏み出します。。

どうぞ、皆さん、ご指導の程、宜しくお願い致します。

では今日も充実した1日をお過ごし下さい。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:44 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA