ホッコリしました(^^♪

おはようございます。
令和元年6月20日木曜日の朝を迎えました。
今日も1日、自然体で臨みます(^^)/

昨日の夕方の事でした。

いつもお世話になっているNPO法人志免地域支え合い互助基金の理事である別府1町内会の渡邉さんの自宅に妻と一緒に出かけました。

数年前、御年80歳になる渡邉さんの事をもっと知りたい! と想い、取材を申し込みました。
するとOKが(^^♪

そこでいろんなお話を伺いました。

いつも笑顔で元氣な渡邉さん。その秘訣は? という話になった時です。
『毎食時、らっきょを2つ食べています』と言われたのです。『らっきょですか?』『そうです。すっぱいですよ』
奥さんがつけたらっきょをここ20年、毎食時に食べているんだそうです。それからというもの風邪1つひかなくなったとか..

渡邉さんがらっきょを食べ始めた時、ある仕事を始められたんです。
それは朝・新聞配達。夜・訪問介護。新聞配達は、約600世帯。そして集金は約350世帯。

ハードな生活です。だからこそ奥さんが身体を氣遣い、このらっきょをつけ始めたんだと思います。

その話を伺い、私もその話を早速妻にしました。
すると長崎の母にその話をしてくれたんだと思います。
それからしばらくらっきょが食べれました。
すると体調がいいんです。

そして今回、長崎のお母さんも歳を重ね、らっきょをつけて頂くのも申し訳ない氣持ちが出てきて、今回から渡邉さんの奥さんにお願いする事にしました。
そして昨夕、10kgのらっきょを受け取りに行ってきたんです。
立派ならっきょでした。

明細書をきちんと書いて下さり、お金をお渡しし、ほんのお氣持ちの品をお渡しして妻と車中会話です。

妻も、らっきょを漬ける事の大変さを知っていましたからその価値をわかっていたのでとても安心しました。これで美味しく・どうどうと家でらっきょが食べれます。

渡邉さんと、この様なお付き合いが出来るようになったことが嬉しくてしょうがありません。

身近な地域にいるたくさんの笑老ライフ人に囲まれて生きる事ができる幸せをひしひしと噛みしめながら、今宵新たに出会う方とも笑顔でお会いしたいと思います。

では(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:03 AM  Comments (0)

最近の若い人は..

おはようございます。
令和元年6月19日水曜日の朝を迎えました。
それにしても昨夜はドキッ..としました。
妻が録画をしている
『私、定時で帰らせて頂きます』
を風呂上りに観てますと、途中で画面が変わりました。

え、ナニコレ?

一瞬 戸惑いましたが、直ぐに現実に起きている事だと我に返りました。
怖いですね。

果たして梅雨はくるのか?
そんな話題で持ち切りだった私には、油断大敵 という言葉を思い出させてくれました。

震災にあわれた皆様、お見舞いを申し上げます。

話は変わります。

皆さんは、
『最近の若者は』と言った経験はありますか?

私は、マイナスイメージで言った事は記憶にないのですが、今朝、そう感じた瞬間がありました。

それは、事務所のタイムカードを設置している場所から2階の更衣室に向かう途中にありました。

私は、自室に行く為真っすぐ進んでいましたが、少し先をいっていた早出勤務の〇〇さん(私より20数歳若い)がエレベーターに乗って2階に向かった模様でした(エレベーターが閉まりましたから..)

そこで一言..
『最近のわかいやつは..』
と。。
ひとくくりにして思ったんです。

いかんですね。。こんな決めつけは。

ハッ.. としました。

こんな一面が自分にあった事を恥ずかしく思いました。

やはり決めつけたらいけません。

あら? どうしたんだろう? どこか調子が悪いんだろうか?

そうありたいです。

自分の微調整をする必要を感じました。

今日はそこを意識して仕事に望みたいと思います。

〇〇さん、ありがとう。

氣づかせてくれて。。

Filed under: スタッフ日記 — admin 6:56 AM  Comments (0)

あっちゃん。

おはようございます。
令和元年6月18日火曜日の朝を迎えました。
ひんやりした感じです。

昨日は、姪っ子の誕生日。16歳になりました。
この子の母親(私の妹)が歌が好きで、CDを出したり、ミニライブをしたり..と活動をしていました。
小さい頃から歌が友達だったと言ってもいいんじゃないか?と思える子です。

昨日、母を頭にしたライングループでおめでとう(^^)/メッセージを伝えました。
すると、ライブをした事がわかり、それがユーチューブで公開されているとの事で早速みました。

リトルマーメイドの主題歌を歌っています。
声質や歌い方等、そのすべてが妹そっくりでした。

病気がちであった妹。
兄や姉がスポーツをする中、自分もスポーツをしたいと思いやろうとすると病気が押し寄せてきます。
何度入院したことでしょう。
その度に母よりスポーツ厳禁を言い渡され、やるせない氣持ちがいつも心のどこかにあったんだと思います。

私が大学3年で、就職活動をしよう!という段階の時でした。
父が仕事で福岡に来ていて、夜は一緒にお酒を・・ という予定でした。
すると実家から電話があります。
〇〇がそっちに来ていない?と..

どうやら家出をしたみたいでした。
父と実家に帰り、妹や警察からの電話を待っていました。
妹、13歳の時です。
心配した叔母も家にきてくれました。
臨戦態勢で連絡を待ちます。
すると一本の電話が..
なぜか叔母が出ます。
そして
『剛君、かわって。』
『もしもし..』
と電話に出ますと、旅館の方からでした。
場所はなんと別府です。

それからお金を持って別府にすぐに出発します。
私が迎えに行きました。
夜中にその旅館につき、一泊し、次の日は妹が好きだったサファリパークに行きます。
ムツゴロウさんに憧れていたので、ムツゴロウ王国に行きたいと言っていましたから、ここに行けば何かを話す氣になるだろう そう想い日出のサファリパークに行きます。

そこで話をいろいろ聞いた結果、1ヶ月、私が住むアパートで共同生活をする事にしました。
就職活動にも連れていきます。
そして、妹の活性化プランをたてました。

いろんな事を経験させ、何に興味をしめすか?をみてみようと。。

美術館 ・ 動物園 ・ 植物園 ・ カラオケ ・ のりピーのコンサート ・ 野球 等々、いろんな場に連れて行ったり、いろんな事をさせました。

そして本人が選択をしたのが、歌で表現したい! という事でした。
この頃から妹に言っていたことがあります。

『世界中の人と友達になれたり、通じ合ったりするには、国境や文化を超える何かが必要だ。それは、芸術だったり、美術だったりの文化的な事や歌、スポーツ、親が子を想う氣持ち、子が親を想う氣持ちなんかじゃないかと思うよ。』

何か目標をみつけ、自宅に帰って行った妹。
私の高校の後輩になり、バンド活動を始めました。

彼女の歌生活は、こうして始まりました。

そして今、その子供が歌を歌っています。それも歌声がソックリ。。 ミュージカルにでも出そうなくらいの声量がありました。

この子には、歌を通じて、人の心がホッ..とできる唄い人になって欲しいと思います。
幼い頃からいろんな経験を積んできました。
時に悲しい経験もあったかもしれない。

でもその経験に感謝し、その氣持ちを持って、未来の自分を励ます・・ 下を向いている人の心に灯りを照らす・・ そんなあったかい歌を歌って欲しい。そう思います。

この子には、それが出来ると、昨夜のユーチューブをみて想いました。

がんばれ! あっちゃん。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:10 AM  Comments (0)

今日も新しい1日。

おはようございます。
令和元年6月17日月曜日の朝を迎えました。

五島から帰ってきました(^^)/

感想は、感動のオンパレードで、魂がとても喜んでいました。です。

初日、長崎まで車で向かい、そこからフェリーで五島へ。何とか揺れずに無事五島に到着。長女夫婦と、お父さん・お母さんがお出迎えをして下さいます。ひとしきりお話をし、川口春奈さんのお母さんがいた人氣ラーメン店に。エビ塩ラーメンを頂き、孫が残したエビチャーハンを頂きました。サイコーに美味しかった。。

店に入る順番を待っている間、バス停に行きますと、バスも1時間に1本。
バス停の前で営業をしていた寿司屋も閉店していましたが、陳列棚だけ残っています。商品と金額をみると、これで利益を出すのは難しいやろうな~と思う設定。そしてそして、ラーメン店の前に診療所が・・ 
入院施設は1ヶ所に集中していて、他は診療所というスタイルになっていました。多分、大活躍をされていると思われます。

地方の日本は、この光景があたりまえなのか・・

それからいろんなところに連れて言って頂く中で、徐々に雨あしが強くなってきます。

泊まるホテルに到着し、早速温泉へ。ゆっくり堪能しました。
そして夜..

親族顔合わせです。
安心しました。とても良い方達でした。それを証明したのが孫。孫があんなにはしゃぐとは・・ 疲れるという感覚がなく、楽しかったの余韻がだけでした。

そして2日目。
天候も回復し、晴れてきます。
鬼岳に昇った時は強風で吹き飛ばされそうでしたが、海岸線コースの時は、サイコーのエメラルドグリーンを堪能する事が出来ました。

お父さん・お母さんは、自ら望んで家業を引き継いだわけではなく、引き継ぐ予定であった長男さんが急死した為、その子供たちが成人するまで支える事を胸に秘め、今日まで必死で仕事をしてきていたんです。
その仕事の合間、自分たちの心を癒し、またファイトを沸かす為に、五島列島のいろんな場所に行き、大自然の中に浸かってきました。
その場所場所を巡らせて頂いたのですが、いろんな想いを抱えてこの場所に来ていたんだろうな.. この大自然は、その洗濯をしてくれたんだろう。なぜならその力があるエネルギーのあるこの大自然だから.. 
そんなことを想いながらの五島福江島巡りでした。。

その夜は、実家での歓迎会。
おじいちゃんとゆっくりお話をさせて頂きました。
家業をつくりあげたこのおじいちゃんは、小柄ではありますが、ガッツのある方です。
御年92歳ですが、がっつり肉も食べますし、精神力が凄い。
まだまだ現役には負けん! そういう氣概があります。

親族の方々とお話をさせて頂く中で、このお父さんとお母さんのお人柄や今までの経緯など、いろんな事がわかり本当に安心した想いと、この出会いのありがたさをひしひしと感じた3日間でした。

時代が変わり、昭和にあった島の賑わいはなくなりましたが、変わらず残っているモノに出会えた氣がしています。

いつもニコニコとしているご両親の背景には、自分の為ではなく、1人の幼児の将来というとても重いモノを自ら背負う中で味わうたくさんの憂いを持ちつつ、その憂いを、この大自然が優しく・厳しく癒してくれ、また前に、笑顔で進んでいく事を繰り返し繰り返し行いながら生きてきたんだろうな~と思います。

今日から私もまた新しい第1歩をふみたいと思います。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:17 AM  Comments (0)

2190回目になりました。

おはようございます。
令和元年6月13日木曜日の朝を迎えました。
今日は暑くなりそうですね。

人生100年時代。
夫婦2人が生活をしていく為には、2000万円が不足する。
というニュースが大きな波紋をよんでいます。

このニュースを聴いて、あなたはどう反応しましたか?

不安、不信を含めたネガティブ系になりましたか?
それとも
ではどうするか? 本当にそうなの? 等を含めたポジティブ系でしたか?

私は、このニュースを聴いて、まずい!と思いました。ただ不安を煽る事になるんではないか?と思ったんです。
案の定、不安と不信が渦巻いている様に思います。
そこで私は、
自分軸とキャリアデザイン ~50歳からの生活設計~ という講座を始めようと思います。
どうしてもやらねばと思っています。

いろんな方と連携し、余計な不安や不信を取り除き、ポジティブに自分を生ききる笑老ライフを皆さんと一緒に歩みたいからです。

目の前にはいろんな情報や現実が日々飛び込んできます。
自分にとって不都合なことも沢山飛び込んできます。
それをどう受け止めるのか?
ここがターニングポイント。

ぜひここを、
『今の自分のテーマ』として受け取り、『どうやって克服しようかな(^^♪』と思考をめぐらす..
そうしたいです。

ここが笑老ライフ研究所がお勧めするポイントです。

ぜひ このテーマは、自分が飛躍し、自分が向かうべき方向に進む為に必要不可欠なことなんだと受け止め、どう克服するかを前向きにとらえる事が出来る様になりましょう。。

いろんな事がありますが、今日も1日、笑顔で笑顔で(^^♪

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:16 AM  Comments (0)

日々 是 勉強

おはようございます。
令和元年6月12日水曜日の朝を迎えました。

今日は色違いの靴下を履いています。
微妙に色が違う組み合わせ。たたむ時に、解らなかったんだろうと思います。
まあ、こういう日もあるわな.. 斬新なファッションだと思って過ごします(^^♪

昨日、NPO法人志免地域支え合い互助基金の広報を行う為に、Mさんの事務所を訪ねました。
アロマを軸にしたお仕事をされています。
事務所内は、とっても良い香り(^^♪ 癒される~~。。

そんな中、話をさせて頂きました。
すると
『Facebookで投稿をして下さい』
というリクエストを頂きます。
そこで、IT音痴の私は、事務所に帰って孤軍奮闘。。

思い返せば、パソコン利用も、必要に迫られて必死で覚えたっけ。。

ネクステップで建築事業部が立ち上がり、外断熱住宅つくりを行っていた時でした。
建築担当のTさんがPCが全然使えなく.. 見積もりが手書きになります。
それを私がまだ使えないパソコンの使い方を富永さんに教えて貰いながら必死もっしで創ります。
独学も独学でPCを覚えました。

だから数件の見積りがあると、徹夜・徹夜の日々です。
ある日、
『もう帰ろう』と、深夜1:00位に家に帰り、TVをつけたんです。
すると同時多発テロがニューヨークで起きて.. その中継をやっていました。
衝撃的な映像で、疲れも吹っ飛んだんです。

こうした日々の中、仕事に支障がない程度のPC利用はできる様になりましたが、基本が出来ていないので応用が効きません。

『基金のFBを創って送って下さい』

というありがたいリクエストに応えるべく、一所懸命に奮闘しましたが、どうしても出来ない。
よって、以前、かめやまで投稿をした内容をシェアし、FB投稿を行いました。
今日、もう1度、チャレンジをしたいと思います。
今度は、得意な人に聴いてからチャレンジします。

それと..
6月22日に老人クラブ連合会のお祭りで、10分の時間を頂き、互助基金の説明をさせて頂く事になっています。
10分でどう伝えるか?
という事で、寸劇をする事になりました。

正義の味方..『お互いサマン』が登場します。

その衣装をどうするか?でこれまた困っています。
下絵作家の長谷川さんに書いて頂いた絵が素晴らしく、御年80歳のN会長は、張り切っています。俺にお互いサマンの役をさせろって。
その張り切りに応える為、衣装をどうするか?1人で考えていました。
1人で考えても限界を感じたため、いろんな人に相談をしたんです。
すると出るわ出るわ.. いいアイデアをたくさん頂きました。
後は、N会長が喜んでやれる内容かどうかの精査です。

20日までに仕上げて当日を迎えたいと思います。

何やカニやありますが、どれも共通しているのが、『伝える・伝わるをデザインする』・『多くの知恵を借りる』
でした。

勉強になります。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:08 AM  Comments (0)

繋がる

おはようございます。
令和元年6月11日火曜日の朝を迎えました。
爽やかな氣候です。太陽の光が燦燦と降り注いでいます。

昨日、『繋がる』を意識する1日となりました。

志免町で、6年程前から行っていた志免西・地域協働ネットワーク。
この活動から昨年、NPO法人志免地域支え合い互助基金が誕生しました。
まさに、地域有志の方々と、今後の福祉財源つくりを行う活動です。

この活動を通じ、人と人が繋がっています。

先週、西日本新聞の方が取材にきて下さいました。近々、新聞に掲載されると思います。
この出会いから直ぐの事でした。
この活動の件で、自動販売機をあるメーカーさんに変える事になったのです。それに伴い、今設置しているメーカーさんにお断りのお話をしますと、その理由を聞かせて欲しい。という事で、経緯と全ての事を話しました。
するとそのメーカーの方が感動され、上司の方を連れてみえたんです。
その上司の方は、支店長さん。
そして同じ話をしますと..
とっても感動をして頂くと共に、その方もお近く在住の方であり、その活動を手伝わせて欲しいとの申し出まで下さいました。
後で、町内会長さんや住民の方にお話を聴きますと、とっても評判の良い方で、ラガーマンらしいのです。
なんと、この活動が、そういう方との縁を繋いでくれました。
素晴らしい(^^)/

そして午後、久しぶりに.. 超久しぶりに 原さんの家に行きました。
この活動の事もありますが、五島に行く前にどうしても寄っておきたいと想い訪問しました。

原さんとは、私が26歳くらいに出会いました。
私は、26歳の頃はミサワホームで働いていまして、特販課に配属されていました。
何をするかと言いますと、ミサワホームのアパート建築の受注をする営業です。
須恵町で、Nさんにアパートを建てて頂き、その周辺地区から受注を頂く営業なんです。
私は、全く知らない須恵町・宇美町・志免町・粕屋町のアパート向きな土地を所有されている方のお宅を飛び込み訪問するスタイルで営業をしていました。それと同時に、MPSという仕組みをつくり、アパート建築に関わる業種の方々とチームを組み、総合力で仕事を受注するスタイルもつくっていました。そのMPSに、原さんに入って頂いていたのです。

原さんには大変かわいがっていただきました。そして奥さんからも良くして頂きました。
いろんな想い出があるのですが、1番の想い出は、五島へくろ釣りをしに連れて行って頂いた事でした。
初めて釣をするのでワクワクする氣持ちと、フェリーに乗り、海つりをするという事も初めてで、初めて尽くしの旅となりました。
とっても楽しく・楽しい旅となり、何とお礼を言ったらいいか..という氣持ちでいました。

そしてこの度、長女が五島の方と縁が出来まして、今週末、私たち家族は五島にいく事になっていたのです。
これも、原さんが創って下さった縁だと思い、とっても嬉しく、昨日報告にあがったんです。
20数年ぶりの再会でした。

当時は小さかった慎太郎君が、立派な大人になり、お父さんの後を継いでいます。
そして、地域の為にがんばって働いています。
そんな逞しい大人になり、原さんご夫婦も喜んでいました。
ご夫婦ともにあの時と変わらず穏やかで、優しい顔立ちをされています。
とっても安らぐあの感覚が、一瞬にして蘇ってきました。

縁。

大切にしたい。

昨日は、痛感しました。

目の前に現れる全ての事は、今の自分に必要な事。
そのご縁を大切に前向きに捉え、それを邪魔することなく受け入れながら歩む事が、笑老ライフなんだと実感します。

さあ、今日はどんな出会いがあるか(^^♪ 楽しみです(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:09 AM  Comments (0)

統合の思想

おはようございます。
令和元年6月10日月曜日です。

福岡で行われていたG20財務系の話し合いも終わりました。
『自由貿易』
がキーワードになっています。共同声明の中に、このワードを盛り込むことが出来なかったということ。
難しいかじ取りの時代です。

インターネットを通じて、情報の世界では『自由』な方向に.. の様に感じますが、強国の流れが『保護』に向かい始めているなか、それもどうなるのかわかりません。いずれにしても、この『保護』は、我が国にとっては現状からの大きな方向転換を強いられることになるので、私たちみんなの考え方を変えていく必要がありますね。

私が30代前半の時です。
今から20年前。
会社にあるテープがありました。
変革の時を迎えていた私は、そのテープを食い入るように聴いていました。
それは経営人間学という内容です。
自分の人生をどう経営するのか?

竹内日祥お上人がお話をされていました。
そこでお話をされていたのは、『有機体思想(統合の思想)』でした。
この日本が戦後70年かけて創ってきたものを、70年かけて創っては壊し、創っては壊しながら壊していく時代に入っているということからお話が始まりました。
その時は、頭ではなんとなく・・ 位でした。が、最近はものすごくその事を感じています。

特にトランプさんが登場してからというもの.. すごく感じています。

50年後の日本はどうなっているでしょうか?
そして、60年後の日本はどうなっているでしょうか?
そして、100年後は?

この大転換期に生きる私は、子ども達に.. 孫たちに何を伝え、残すべきか? 常に意識のどこかにあります。
子ども達は、社会現場の最前線でがんばっています。
私も.. 妻も 同じです。
そこで見聞きする事を受け入れ、では何を提案するか?

今、まさに この統合の思想が必要になっていると思うんです。
一端、分離と言いますか、専門専門にセパレートされた体系を、統合する時代になってきたんだと思えてなりません。
という事は、自分でできる事を多くして、まずは自分でやる!という事を基本に据える事が大事だと思います。

笑老ライフ。
ここには、その要素が詰まっています。
この生き方は、今という時代、今からの時代を生きる生き方のモデルだと思っています。

今週もよろしくお願いします。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:21 AM  Comments (0)

黒田隆康さん。

おはようございます。
令和元年6月7日金曜日の朝を迎えました。
それにしてもよく降りました。これからも降る様です。
恵みの雨ですが、氣をつけましょう。

社会医療法人栄光会の広報誌に『手と目と』があります。
この介護版21号が間もなく発行される予定です。
この広報誌を彩る内容に、『志免町●人物列伝 この人に逢いたかった』があります。
取材・文章は、私の担当です。

今回、別府3町内会在住で、尊敬する黒田さんに登場をして頂きました。
以前から打診をしていたのですが、いつも柔らかく断られていたんです。
今回は、頼み込んで・頼み込んで登場をして頂きました。
そして昨日、たたき台の原稿が出来上がったので、黒田家にお邪魔して内容を観て頂きました。
字が小さいので私が代わりに読み、聴いて頂きました。

黒田さんご夫婦が正座をして聴いてくれています。

そして読み終えると、ご夫婦で拍手喝采でした(^^♪ 本当に良かった(^^♪ これだけ喜んで頂けると嬉しいの一言です。

いつもお世話になっています。そして、いつもお知恵を頂いています。
まさに、生きていく為に必要な栄養をたくさん頂いているんです。

そんな黒田夫婦に何かで報いたい。
それが『手と目と』への登場打診でした。

黒田さんの素晴らしい生き方や智慧を、未来を担う子供達に渡したい。それが私の希望でした。
黒田さんの事をまとめる事で、黒田さんのお子さんや、お孫さん達にも、この広報誌を通じて伝わる事になります。

黒田さんからは、人が活きる。その為に大きな門戸を暖かく笑顔でいつも開いている。その事が全体調和を生むんだ!という事をいつも教えて頂いています。

こういうお知恵のある方々が、この志免町にはたくさん住んでいる。
この日本には、たくさん住んでいる。
この方々を私達は 『笑老ライフ人』 と呼び、この方々を研究させて頂き、未来を担う子供達に智慧のバトンを渡したいと思っています。
このエネルギーが結集できた時、螺旋状にエネルギーが高くなる国 日本 になっているんだと想像でき、それをするとワクワクしてくるんです。

人は出会いにより変わります。一瞬で変わります。
それが、その方にとって 自分が活きる方向への導きであれば、サイコーです。

今日もそんな事を夢見ながら、目の前の1つに全力投球し、リフレッシュの週末に歩を進めたいと思います。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:15 AM  Comments (0)

けさ

おはようございます。
令和元年6月6日木曜日です。今日で2185回目の投稿です。

今朝、昨日と全く同じ時間に家を出発し、全く同じ時間に68号線に乗りました。
昨日と全く違います。
いつも走っていない場所を車が走っていたり、バスが全然違う場所に言っていたり..
1日とて同じ日はありません。
だから生きれますね(^^♪

この事を書いている途中に思い出しました。

家を出る前にニュースを観ているのですが、今朝は、親が子供に.. という事件が2つ連続で流れてきたんです。
1つは母親が息子をとんかちで頭をなぐり、刺そうとしたらしく逮捕のニュース。
1つは父親が子供の手首を切ったりする虐待のニュース。

どうなっているんでしょう?

こんなニュース消えてくれ!! と思う反面、やっぱり.. と思い、私の進もうと思った道は間違っていなかったと思い出したのです。

それはどんな事かと言いますと、私が大学2年の時に戻ります。
交通事故に遭い、何で俺ばっかり? 何で助かり命を貰ったんだろう? 何で右ばっかりケガをするんだろう?
そんな事をズーーーと考えていた時期でした。
そして、大学で何を専攻するのかを決める時期でもありました。

そんな中、私の中でのテーマとして『家族』が心の底から浮き出てきたんです。
『小学校の時は素直でとっても良い奴で、いつも笑顔でいたあのシンが、何で中学校に入ってあんなにぐれたんだろう?そう言えば両親が離婚をしたと言っていたな.. あいつもそうだ。社会の最小単位である家族が大事だ。この家族の在り方によってシンの様な人が増える。そうだ、俺は家族をテーマに学んで行き、将来は、子供or家族のオリンピックを開催しよう!』
そう決断したんです。

それから間もなく、大原教授の家族法のゼミに入れて頂き、家族法について学んで行きました。

そして私も念願の家族を持つ事が出来ました。
紆余曲折、いろんな事がありました。本当にいろんな事が..
心の糸が切れそうになった時もありましたが、いろんな人の支えにより、その険しい道を逃げずに通リ抜く事が出来ました。
その隘路を通る時に自分を支えるモノはなんだろう? 

私の場合は、子ども達の笑顔。そして、出会いと思想でした。

今、親が子供を痛めつける。
そういう事件が毎日のようにテレビで流されます。
ではこういう現実を観て何を感じ、どういう行動が生まれるのか?

私達は、笑老ライフ研究所です。
こういう人生を推奨する事を研究しています。

今、こういう親御さん、そして、親から虐待や傷つけられた子供達に対し、私が険しい道を乗り越えられた様な『出会いと思想』になる為にどうしたらいいか?が頭のなかに浮かんでいます。

私達に出来る事がある。必ずある。
その出来る事をしたい。
では何ができるだろう?

そう思う先に、あかいスイッチがみえる。

このスイッチを押すと、突っ走りそうな氣がする。

ああ.. 

自分の心が惹かれることに素直に向かっていく勇氣をもとう。。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:09 AM  Comments (0)