胸騒ぎから・・

おはようございます。
曇天からスタートした11月8日木曜日の朝です。

けさ
タイムカードを押して、自分の部屋にいく途中、いつもの場所にSさんの姿がありませんでした。
コーヒーと水を買いに自動販売機のところに行くと、やはりSさんの姿はありません。
寂しいですね。長年、続けてきた朝のたわいもない会話が、こんなにも自分の中を占めていたとは・・ Sさんがいなくなって初めて氣づきました。

さて
氣持ちを切り替えます。

先週末から胸騒ぎがしている事がありました。
昨日、その胸騒ぎが現実のものに・・ ちょうどSさんが引越しをしている時にその一報が入ります。
しかし大事な仕事の最中で、その事に対応できません。
昼、夜勤明けの妻に対応を依頼しますが、自分でして・・ という返事が..
氣なりますが、『なるようになる』と腹を括り、仕事に集中します。

19時頃に仕事を終え、その事に対応しようと、関係者に連絡をしますが連絡がつきません。
『待とう』
そう思い、家に帰りました。
そして事は静かになるようになっていっています。
『〇〇の様な結果になって欲しい』という私と、
『なるようになる』と受け入れる私がいます。
この引っ張り合いに勝利したのは、後者でした。
そのスタンスの中進んでいる状況を客観的に観ると、私が思ったより事態は冷静に進んでいました。
今、胸騒ぎは全くありません。

内容を詳しく書けないので申し訳ないのです。
皆さん、こういう経験はありますか?

私は、近年、こういう事があります。言い換えれば、胸騒ぎがした時、その対象者と話すとやはり・・ という事がけっこうあるんです。

その時格闘するのが、
『〇〇のような結果になって欲しい』と『なるようになる』なんです。
今まではズーーーと、前者でした。
しかし今は後者です。
いつから変わったのか?
変遷だけ言いますと、
前者のみ の時期がズーーーと続き、40歳後半から後者のような要素も入り格闘が生まれますが前者が勝つようになり、現在は、格闘の末、後者が勝つという様に変わりました。

段々と、課題であった
『待つ』や『受け入れる』
そういう事ができる人になってきているんでしょうか?
私にはわかりませんが、それが今の自然な私です。

これからどうかわるかはわかりませんが、今は、これが心地よいです(^^)/

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:24 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA