令和時代のコミュニケーション文化をつくろう!

おはようございます。
令和元年11月30日土曜日の朝を迎えました。
今日で11月霜月が終わります。

今日は、いよいよ.. 声かけ訓練の日です(^^)/

9:30より、別府3町内会さん主催、志免西・地域協働ネットワーク後援、NPO法人志免地域支え合い互助基金助成での訓練が始まります。
感慨深いものがあります。

平成17年頃、高橋先生から地域包括ケアシステムの話を伺いました。
その時、今は逮捕をされています 和光市の東内さんがお見えになり、和光市の取組についてお話をされました。
こんな時代がくるんだ.. 介護の世界に飛び込み、2年の私には、まだまだチンプンカンプンでした。
ただ、こういう時代になる。という事だけは、この時インプットされたんです。

さあ、どう対応していけばいいだろう?

それから14年。

感慨深いモノがあります。

自分が仕事でお世話になっている志免町で、地域の方々とこういう取り組みができる事に、感謝感謝です。
この取り組みの1員になれた事に誇りを持ちます。

このスタートラインに立った今、この訓練が全町的に拡がり、志免町で生活する方の行方不明が0になります事を願います。

在宅の時代、この訓練を通じて、志免町オリジナルのコミュニケーション文化をつくりあげ、安心して暮らす事ができる町に研ぎ澄ましていく。これぞ、ある種生涯をかけて行う事の1つだと想います。

準備は整いました。楽しく行い、次に繋ぐ。です。

昨夜ですが、珍しい現象がありました。
なぜが急に長男にメッセージを贈りたくなったんです。
毎朝7:00に送って頂く 脳若365 の29日のお題が、涙活でした。
私の涙ポイントは、
長男が就職でこの地を離れる際、2人で墓参りに行き、その帰りに寿司を食べたんです。
充実感に満ち溢れ、車の運転をしている時、長男が言いました。

「最近 俺が聞いてる曲を教えろうか?」

そしてかかった曲が、グリーンの「遥か」でした。

そのPVを後でみて、彼の気持ちが伝わってきました。面と向かって言うのは照れ臭いけど、こういう氣持ちで俺は頑張るから!
そう伝わってきたんです。
その気持ちを想うと、涙が溢れ出ます。
なぜかわかりません。
なぜか出るんです。
昨日も朝から事務所で、涙で覆われました。

そんな夜だったからでしょうか..

〇〇ガンバレー!。 はい。 君は、素晴らしい。優しい人間。お父さんの誇り。何があっても応援する。
そんなメッセージのやり取りをラインでしていました。
すると..
電話がかかってきたんです。
ビッくりです。

明日、友人の結婚式で実家に帰ってくるという事でした。
いろいろ話をしましたが、お互い照れ臭い感じでした。

自分発振 の本を読んで、その仕組みが理解でき、それから頭の中にそれがインプットされています。
以後、次女・長女・長男の目線で付き合うことが出来る様になり、関係性がとっても良くなっているように感じています。
嬉しいんです(^^♪ とっても。

そんな心持のなか、今日船出をします。

この社会が、多様な方々ともわかり合える コミュニケーション文化が創れますように。。 

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:02 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA