2019年 師走発進(^^)/

おはようございます。
令和元年12月2日月曜日の朝を迎えました。
今朝は雨です。いろんなものを洗い流し、さっぱりしてのスタートです。

土曜日に、苦節6年。ようやく「声かけ訓練」が出来ました。
6年前は、身内も目もむけず、逆にそんなことしてどうなるんですか?と言われる始末。
これ位の温度差がありました。
しかし、時の流れがこの様に変えて行きました。
とても嬉しく思います。
この嬉しさというのは、私の想いが伝わったという事。
もっと具体的に言えば、「地域で暮らす認知症の方。その家族の方」が、継続してこの地で生活し、もし道に迷ったりしてもすぐに助ける。命を護る事ができる見守りと救助のある地域になる事への足がガリが出来た事です。
それもとってもいい関係性で出来ました。

そしてその午後、これも5年前から取り組んできた「見守りシステム・見守り支援センター」構想についても、コンセンサスがとれ、イメージがしっかりパートナーと噛み合いました。5年かかっています。
1山越えました。いまからまた1山を登り始めます。

共通してある氣持ちは、今からの時代に向けて、まずはセーフチィネットをしっかり創る事です。
地域包括ケアシステム時代になり、地域でしっかりその政策をつくり、実行する。そのことが大事です。
しかし、その政策を皆で創りたいと想っていましたが、それは難しかった。
だから1点から面へ広げる事で皆さんでつくりあげたことにした方が前に進むとの判断からこのように進めています。

後は、生き方 に関して話をする場をどう設けるか? 
そして、塾 の立上げです。

これが次の段階です。

人・モノ・金・システム・情報 

全部同時に進めてきましたが、後は、人の分野の充実です。
今いる人達で結束し、各人の持つ潜在能力を高めて発揮していけば、充分やれる!と判断しています。

この部分は、私達 笑老ライフ研究所の仕事です。
11年目を迎えている笑老ライフ研究所。
ここが担う使命は、大きなモノがある。

世に名前の出ていない普通に暮らしている人のなかに、みんなが見習う人はたくさんいます。
そう想い、生きていく事が、愛となり、愛エネルギーになります。
それがこの社会を動かす.. この地球を護る原動力にも繋がります。

皆さん、この12月、来年に向けて考えながら過ごしてみましょう。

皆さんにある潜在能力を、潜在意識と会話をしながら、いかんなく発揮しましょう(^^)/

今月も、よろしくお願いします。

Filed under: スタッフ日記 — admin 7:12 AM  Comments (0)
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA